おごられたらお返しをして“気の利く女性”を印象付ける

気の利く女性

男性におごってもらうのが当たり前ではいけません。割り勘の意識を常に持っていることが重要で、時には、おごられたお返しをサラリとすれば驚くほど効果を発揮するものです。なぜなら、ほとんどの女性はおごられてもお返しをしないので、そこでアナタがお礼をすることで他の女性陣とは一線を画す存在になれるからです。

 

このことは男女の性格の問題が大きく影響しています。男性の場合は女性とは違い、飲みに行っておごられたら、「今度は自分がおごる番だ」と言い、またすぐに飲みに出掛けるものです。上司や目上の人ではなく相手が友人であれば、おごられっぱなしというのはあまり無いのです。

 

一方、女性の場合です。彼女らは誰かにおごられるというのはあまりなく、ほぼ割り勘。ですので、男性からおごられても、要はどうして良いか分からないわけです。そう、男性と女性とでは、生活してきた環境の違いが大きく影響しているのです。

 

通常、おごられたらおごりかえすというのがマナーでしょう。また、おごりかえさなくても、せめて次回は割り勘を進言するぐらいでないといけません。そのまま、「おごられて当たり前」のスタンスを維持していると、次第にアナタの印象は悪くなってしまいます。人と人の関係ですから、自分がやられて嬉しいこと、嬉しくないことなどは相手も同様なのです。そこをしっかりと押さえておくようにしましょう。

 

男性の中には、毎回自分がおごって相手から何のお礼もなく、また、割り勘の意思表示すらなくても全く気にも留めない人だっています。男がおごるのは当たり前で、女性はおごられて当然だと考えている少数派の層です。でも、そうしたわずかな層の男性であっても、ふとした際にお返しを受けたら嬉しいのです。つまり、どんな人間であってもお礼・お返しの類は効果的だということ。

 

 

お礼を忘れず礼儀を尽くす

さて、こうした、女性がおごられることに真っ向から異を唱える書籍なども世間には出回っています。女性の社会的自立を後押しするのが大義名分のその手の本には、「男性からおごられてはいけない。男に甘えていたのではいつまで経っても真の意味での自立はない」などといったことが延々と綴られています。

 

確かに、そうした見方もあるのかもしれませんが、これは正直、極端過ぎるでしょう。社会的自立といっても、現実問題、女性の収入は男性に劣りますのでケースバイケースで甘えるべきなのです。そして、女性に甘えられるのが男性側としても嬉しいのです。そのため、そこを無理矢理、「おごられてはいけない」などと乱暴に切り捨てる必要はまったくないでしょう。

 

具体的に言えば、多くの女性の月給は20万円前後だと思います。普段はファーストフードやコンビニ、自炊のいずれかで食事をまかなっている人が多数を占めます。そして、そうした生活をうまくやりくりしている女性らが自立していないかと言えばそんなことはなく、皆立派に自立しているのです。

 

そこにきて、訳知り顔で「おごられるな」、などとメッセージを掲げることが、いかに無知で乱暴なことか。むしろ、そうした書籍を平気で書く作者自身が実は自立していないという、笑い話のようなオチがつくことだってあります。ですので、その手の書籍が言うことは決して鵜呑みにしないように心がけましょう。

 

女性はおごられても良いのです。と言うよりも、相手がおごってくれるのならば、喜んでそれに応えるべきです。問題なのは、おごられてもその後何のリアクションも取らないことなのです。人から何かしてもらった時にはお礼を言う(返す)ことは、小学生でも知っています。その、人として当たり前のことをしましょうね、というただそれだけの話しです。

 

毎回おごられているのならば、自分もたまにはおごりかえす。それを相手が受けてくれないのであればせめてたまには割り勘にしてもらう。あるいは、それでも自分からのお金を頑なに受け取らないような人には、「たまにはもう少し安いレストランにしましょうよ」と、控え目な提案をするのです。これだけでも男性にしてみれば、「気の利く女性だな」、ということでよりアナタの印象が良くなるのです。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL