飲みの席で相手を傷つけてはいけない

傷つけない

女性が飲みの席で気を付けれなければならないこと。それは、好みでない男性に素っ気ない態度を取ったり、思ったことをそのまま口にしないことです。

 

酒の席と言うのは、開放的な気分になり、また酒自体の力もあって本音がこぼれやすくなります。結果、酔いが回れば、言ってはいけないことも飛び交うようになるのです。しかし、ここで注意すべきが、女性の勘違いによる自意識過剰な発言です。相手男性が特別アナタのことを何とも思っていないにも関わらず、誤解して、「あなたはあまりタイプじゃないです」と言ってしまうケースです。

 

これは、言われた当の本人はかなりキツイです。一切恋心を抱いていないのに、相手の勘違いで自分が辱めを受ける。そして、回りからも下手な同情を買いプライドが傷つけられてしまうなど、まったく良いことはありません。こうした何の罪もない男性を、瞬時に不幸にさせる失言はどんなことがあっても避けるべきです。酒の席だから云々は関係ないので、くれぐれも恥ずかしい勘違いで純真な相手を犠牲にしないようにしましょう。

 

こうした失礼のない態度を徹底するのと同時に、男性の恋心も知っておくべきです。男と言うのは、例え相手が自分の好みの女性でなくても、「ステキですね」「好きです」などと好意を寄せてくれば快楽を覚えるものです。それは、自分の近しい年代から年上、年下に至るまで幅広いどの層の女性に言われても同じで、単純に嬉しいのです。極論、近所のおばあさんや、勤務先の掃除のおばあちゃんなどに言われてもやはり気分は良いのです。

 

誰に好意を寄せられても嬉しいのは、生物学的には男という生き物が、本能的に多くのメス、つまり女性を狩りたいという潜在的な意識を持っているからだと言われています。そのため、目の前の女性が自分の好みでなくても、また、好みとは程遠い、年齢が遥かに離れたおばあさん世代であっても、男性にとって女性は『女』なのです。

 

ここが女性との決定的な違いで、女性は目の前の相手が自分のタイプでなければその時点で、その人を『男』扱いしなくなります。そう、恋愛感情を抱くことなどは有り得ず、男でも女でもない、単なる人でしかなくなるのです。よく聞くフレーズに、「男として見てもらえない」といった男性の声がありますが、これは女という生き物がそうした瞬時に切り替えるスイッチを持っているため致し方ないわけです。

 

 

お酒の席は無礼講でも何でもない

男性と女性では価値観や、そもそもの思考がまったく違います。ですので、女性はそうした男性心を理解してあげる必要があり、また、飲みの席などでも先回った対応を心がけるようにすべきなのです。

 

男性がアナタに好意を抱いていないにも関わらず、自分の勘違いで相手に辱めを与えることなどあってはいけませんし、逆に、男性が好意を寄せているにも関わらずタイプではないからといって冷たくあしらってもいけないのです。

 

そんな時は、明言を避けてその場を上手くしのぐテクニックを身につけておくのです。基本的に笑顔をキープしながら相手をいなし、違う話題へすぐにチェンジするコツを覚えれば、よほどのことがなければ大抵はうまくいくことでしょう。

 

間違っても、「申し訳ないですが、あなたを男として見れないんです」などとストレートな意見を発してはいけません。そんなことを言えば、アナタはたちまち嫌われ者になりますし、相手も傷ついてしまうので、お互いになんのメリットもないのです。

 

お酒の席は無礼講と言いますが、そんなことはありません。いつ、いかなる場所でも親しき仲にも礼儀あり、なのです。お酒が入れば気が大きくなって、普段言わないようなことも口走ってしまうことはあるでしょう。でも、もしその心配があるならば、事前に自分で抑制しておくべきです。それが大人として当たり前のスタンスなのです。

 

お酒が入れば普段言わないことも言っていい、ではなく、飲むからこそ自分の発する言葉には慎重になるのです。男性と違い女性の場合は、お酒の力を借りて調子に乗りすぎると回りを引かせかねない言動で、結果的に羞恥心が疑われて、自分が一番恥ずかしい思いをします。それを覚えておきましょう。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL