40代独身男性が女性にモテるには会話に共感してノること

kyoukan

女性にモテるために欠かせない条件があります。それは、ツッコむことなく会話にノり続けられるかどうかです。意外な要素と感じるかもしれませんが、この“ノる”ことは女性とのコミュニケーションではかなり重要となるのです。

 

また、ノることがうまい男性は、総じて、仕事の面でも“出来る”ケースが大半です。なぜなら、相手の話しにノり続けられる人は、面白い話や斬新な企画を思いつく可能性が飛躍的に高くなるからです。例えば、会社でのミーティング時に、ああでもないこうでもないと意見を言い合っている最中にツッコんでばっさり話を切る人と、人の意見にノり続けて企画を練り込んでいく人とでは、大きな差がつくのは目に見えています。

 

つまりは、そういうことです。また、時には“悪”ノりが、予想を超えた素晴らしい発想につながることもあります。このように、ノる人とそうでない人とでは、モテるかどうかも大きいですが、“人としての器”の面でも差が生じることになるのです。

 

さて、男性と女性とでは“ノること”に関しては圧倒的に女性の方に軍配が上がりますが、その理由には“共感”が大きく影響しています。女性は共感するのがうまいのです。一方、男性はこの“共感”が若干苦手な傾向があります。

 

例えば、相手女性に「へー、それはすごいですね」「そんなことなかなか出来ないですよ」と言った場合ですが、これは厳密には相手の話しに共感してノッていることにはなりません。いわば、どこかのコメンテーターよろしく評価しているに過ぎないのです。

 

自分では無意識に発している言葉でも、「すごい」という表現の本質的なところでは、相手を見下した側面があるのです。このように、男性というのはとにかく相づちに慣れていません。

 

 

男性は相槌では物足りないと感じる

では、どうしてこうなってしまうのか。それは、相づちだと物足りないと感じてしまうのか、何か気の利いたこと、あるいは、相手の興味を惹くことを言おうとしているからです。確かに男性のこうした気持ちも分かりますが、女性はそんなことは求めていないのです。相づちをうってもらい、そのまま会話を続けていれば、もうそれでハッピーなのです。

 

ココを理解していないために、男性は女性の前では少しでも良いところを見せようと気張ってしまいます。気張るタイミングを誤ると、せっかくのなごやかな雰囲気が台無しになってしまうので要注意です。

 

では、男性というのはそもそもノることが苦手な習性があるのかと言えば決してそうではありません。こんな場面に遭遇したことはないでしょうか。例えば、男性だけの組織に属しているときに起こりがちなのですが、職場や仲間内で、相手を「何々ちゃん」とちゃん付けで呼ぶ現象です。

 

これは十分に女性化の現象と言えますし、また、この状況下では不思議と皆、オヤジギャグであっても相手の話しに率先して、楽しくノっています。つまり、男性だけの空間では当たり前のようにノることが出来るのです。要は、女性の前では“自分を良く見せたい”という衝動が先に来てしまうために、なかなかうまくいかないだけなのです。

 

下手な見栄やカッコ付けは、相手女性にしてみればまったく不要です。そんなことよりも、“ノりのラリー”を長く続けて楽しんだ方がよっぽど有意義だという事実を頭に入れておきましょう。

 

 

 【40代独身男性の婚活】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL