会話では、うまく相手に話を振るコツを覚える

conversation

相手との会話では、“聞こえやすい声”であることが重要だということを話してきました。では次に、その“内容について”焦点を移していきます。この会話の内容に関しては、普段から意識している人というのはごくわずか。きっと職業柄触れている人でなければ、ほぼいないのではないでしょうか。

 

がしかし、この会話の内容こそ、異性との出会いの場においては肝心です。会話というのはそもそも、お互いの興味や関心といったものを“言葉”を使って伝えているに過ぎません。

 

であれば、その内容がひとりよがりのものであれば、相手にとってはその時間は苦痛なものでしかないのです。「自分が面白いと思ってもそのほとんどが相手にとってはどうでも良い話である」ということを大前提に会話は進めるべきです。

 

その思考を持っていれば、自然と相手の興味を引き出す会話が出来るようになります。いや、せざるを得ないと言うべきでしょうか。

 

先週は朝からゴルフで、スコアはまあまあだったんですけど……」という内容ではなく、「先週は天気が良かったのでゴルフへ行ったんですが、アナタはどんな週末を?」といった具合に、自分のことばかりでなく、“話を振る”ようになっていくのです。そしてこれこそが、会話を楽しみ、お互い実りある時間を共有できる秘訣です。

 

 

会話が上達する2つのポイント

会話の内容こそが、出会いの成功を握っています。ひと昔前までは、男性は寡黙であまりペラペラとしゃべらない実直な人が好感を持たれていましたが、今の時代ではまったく通用しません。そんなことでは例え外見が良くても、いつまで経ってもパートナーを見つけることは出来ないのです。

 

また、女性に関しても同じで、男性の一歩後ろを下がって歩くような慎ましい人物像ではなく、控え目でありながらも自己主張をしっかりとする女性こそが人気を集めているわけです。

 

出会いの場では年々、コミュニケーション力のウエイトが大きくなっています。昔のように、自己主張をあまりしないようではすぐに回りのライバルに意中の人をもっていかれてしまいます。勿論しゃべり過ぎは良くありませんが、相手に好感をもたれるように明るく、会話のキャッチボールを楽しめるか否かが重要となってきます。

 

会話を上達させるには、話を振るテクニックと、実践で経験を積むことの2点がポイントになります。ですので、今からでもまずは、同性が相手であっても、自分のことばかり話すのではなく、うまく相手に話を振ってみて、そこから会話をスタートさせてみてください。

 

やってみれば分かりますが、自分が意図しない内容に話が発展していき、予想もしなかった面白い展開になることが多々あります。このように会話のキャッチボールを楽しみ、明るく前向きな話題を心がけてください。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL