結婚することは孤独から開放される一面もある

孤独から開放

家族を持つことの素晴らしさを夢見るのと同時に、独身では将来への不安も覚えるものです。生涯の伴侶を見付けると言う事はすなわち、幸せを手に入れながらも更に、天涯孤独のレールから開放されることでもあります。

 

たまに、「独身を貫く」という人と会うことがありますが、果たしてそれが本意かどうかは分かりませんが、よほどの理由がない限り独り身でのメリットはないと断言できます。もちろん前提として、“相性の良い”パートナーと結婚生活を送っていることを想定していますが、独身の場合は年を重ねるほどに危機感は増幅していきます。

 

結婚をしたいという人の大半は、「幸せ」を手に入れたい欲求からだと思うのですが、中には、将来への不安や孤独感を考慮しての人もいることでしょう。

 

20代であればきっとそこまで孤独について深刻に捉えている人はいないと思いますが、これが304050代と年を取るほどに深刻度は加速していきます。またこの時、自分の親や兄弟、友人の状況も刻一刻と変わっていきます。

 

親もいなくなり、兄弟はそれぞれに家庭を築いていることだと思います。そして、友人も同じくそれぞれの人生を送っているはずですから、結局「自分ひとりぼっち」というシチュエーションに嫌でも直面せざるを得なくなります。

 

 

年を重ねれば孤独感は明白

若いうちは、回りの環境がそこまで深刻さを伝えないので分かりませんが、それなりに年を重ねていくと孤独感は明白になります。例えば、平日には会社で、同僚などと何てことない会話をしていることでしょう。しかしそんな当たり前のことでも休日になった途端に、回りに話し相手がいないことから、有り難味が身に沁みてくるのです。

 

同僚や友人は休日になればそれぞれに家族と過ごす人が大半になっていますから、一緒に過ごしてくれる人は必然的にいなくなります。

 

また、例えそうした友人が気を遣って家に呼んでくれたところで、逆に相手の幸せな光景を目の当たりにすれば、まだ結婚していない自分が惨めに思えてしまうもの。そのため、自然と足は遠ざかってしまうのです。このように、土日祝日でもつらいのに、これが大型連休などの場合の深刻さは想像に容易ですね。

 

結婚すること。そして、家庭を持つこと。その真意は、何よりも「幸せ」を手に入れることに尽きますが、長い目で見れば、孤独や社会の荒波からあなたをやさしく守ってくれるものでもあります。まだパートナー探しに動き出していない人はおろか、婚活中の人も焦らずに、納得のゆく最良の相手を見付け出しましょう。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL