40代独身男性の自信の源は“女性の愛情”である

loving

結婚願望が強いにも関わらず、それがまだ成就していない40代の独身男性のほとんどは、「こんなはずではなかった」と口を揃えます。この年になるまで独り者でいるとは10代、20代の頃は想像すらしていなかったのです。

 

当時は皆、「30歳ぐらいまでには結婚して子供も2~3人は授かるだろう」という大雑把な人生設計を立てていたと言います。しかし蓋を開ければ、30代どころか40代に突入してもまだ独り身だからこそ否応なしに“焦り”が加速するのです。

 

今回話を聞いた3名の40代独身男性はそれぞれに、40代に入った今、ようやく人並みに恋愛が出来ていると話します。それまでは全く女っ気がなく、両親や家族の心配も最高潮に達していたそうです。

 

しかし、これまで心配をかけてきた数十年の期間を埋めるべく、親を始めとした身内に交際相手を紹介することで心から安心してもらえたのです。それもそのはず、自分の子供がいつまで経っても独り身で、ましてや交際相手すら何十年もいないとなれば、親としては気をもまないはずがありません。

 

決して他人事ではありませんから、「自分に出来ることは何かないか」を必死に探すことでしょう。そんな中にようやく訪れた朗報ですから、それが婚約ではなく単に紹介程度であっても、その嬉しさたるや相当なものであるのは想像に容易です。

 

 

女性から愛されることで自信がつく

何よりも嬉しいのは本人であることは言うまでもありません。そして、3名の40代独身男性は同じようにこう言うのです。「自分に自信をもたらせてくれるのは女性の存在だ」、と。男性に自信をもたらす要素はこれまでにもいろいろと見てきましたが、本質的に男性に自信を与えるのは“女性の愛情”なのです。

 

仕事などで高く評価されたりするのは、また別の種類の自信だということ。男性の心の中には、“女性の愛情”でしか埋めることの出来ないスペースが確かに存在しています。そして、だからこそ男性は、本能的に女性を求めているのでしょう。

 

異性からの愛情を受けることが出来れば、男性というのは自然と“自信”がつくものです。言い換えればそのことで、自分自身の存在価値を見出すことが出来るのです。ですから、これまで何十年も異性と交際したことがない人たちというのは外見では分からないでも、話せば一発で“自分に自信がない”ことが分かるものです。

 

たくさんの女性と恋愛する必要などはどこにもありません。たったのひとりであったとしても、“自分のことを愛してくれる女性との出会い”こそがアナタの自信の源になります。であれば、もう迷う必要などはないでしょう。これまでの行程を見れば明らかですが、交際しないことには本質的な自信がつくことはありませんので、積極的に婚活することです。

・交際開始→ 相手からの愛情の授与→ 自分への自信

この流れを是非頭に入れておきましょう。親以外の異性から愛されたという事実が、アナタの男としての自信につながり、強くします。誰からも愛された経験がなければ、やはり魅力的には映りません。

 

まずは行動することです。もはや「勇気がない」などと言っている場合では無いのです。時間は限られていますし結婚する意思があるのであれば、傷付くことを恐れて現場で二の足を踏んでいてはその先にある“幸せ”を勝ち取ることは不可能なのです。

 

 

 【40代独身男性の婚活】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL