結婚タイミングは「30歳」と「35歳」に大別

marriage timing

どんなに結婚したくても、まずは相手がいないことには始まりません。また、例え相手がいたとしても、その人と「結婚しよう!」とタイミングが合わないことには実現しないのが難しいところ。

 

昔から、「結婚はタイミング」とよく言われています。実に的を射たセリフだと感心してしまうほどです。「あっ! この人こそが相性も合うし運命の人に違いない!」と本人のテンションがマックスになったところで、相手がなんとも思っていなければ元も子もないですよね。

 

しかし逆に、お互いの気持ちがそれほど高まらずとも、「なんとなくこの人と一緒にいると気持ちが落ち着くなぁ」といった程度でも、トントン拍子に話が進んであっという間に結婚なんてこともよくある話しです。

 

このように、正にお互いの「タイミング」次第なわけですが、では、なにをもってタイミングと言えば良いのでしょうか?

 

本人の感覚的なものを置いておくと、最も多いのが、留学や会社での転勤、親からの度重なるプレッシャーというものが転機(タイミング)に挙げられてきました。これは昔からのスタンダードなもので、留学や転勤に関しては、今の場所を離れるという物理的な問題に対しての不安や、相手へのケジメを取るという側面が多分に含まれています。親のプレッシャーに関してはいわずもがな、ですね。

 

 

年齢の節目が結婚する目安

しかし、最近ではこうした状況が必ずしも結婚のタイミングにはならないようなのです。その理由としては、まず留学や転勤自体が減少傾向にあるというのがあります。そして、最近の親は子供に「結婚しろ」と口うるさくは言いません。それどころか、子供を出来るだけ長く自分の傍に置いておきたいという現象すらあるほどです。

 

そのため、現代社会では結婚のタイミングは、年齢の節目だと言われています。統計によると、その節目は「30歳」と「35歳」に大きく大別できます。このいずれかの機会に、結婚しようというのが主流となっているわけです。

 

そして、この年齢の節目での結婚タイミングですが、言ってしまえば、本人次第でなんとでもなります。惰性で日々の忙しさにかまけることなく、「子供は何人欲しい」「ひとり目はいくつの時に産みたい」と、明確なプランを立てれば自ずと身の振り方が決まります

 

今では、いくらでもその人にあった婚活スタイルがありますので、将来の目標に向けて計画的に活動すれば、無理なくあなたの夢は実現されることでしょう。

 

 

 【女性の結婚指南】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL