【インターネット型】マッチ・ドットコムで世界最大の出会いを体感する

match.com

インターネット型の婚活サービスは、気軽さと費用、会員数の多さなど幅広い面で魅力となり、いまのネット社会においては年々そのニーズが高まっています。

 

その中でも、世界最大のネット型婚活サービスを展開する「マッチ・ドットコム」について見てみましょう。

 

この「マッチ・ドットコム」は日本企業ではなく、米国のテキサス州ダラスで1995年にサービスを開始した、“恋愛・婚活のデータ・マッチング会社”です。以後、瞬く間に婚活ビジネスの頂点に登り詰めて、「世界最大のデータ・マッチングサイト」としてギネスブックに認定されているほどです。

 

とはいえ、今でこそ婚活業界は誰もが参加出来る自由な空気感を持っていますが、このマッチ・ドットコムが創立された2000年以前は、「インターネットで恋愛・結婚相手を探すこと」に偏見の目が少なからず向けられたと言います。

 

例えば、ある男性がネットで恋人を探そうものなら、「ダメなやつだな。恋人をパソコンで見付けるまで落ちぶれてしまったのか」といった具合に、当時はバーチャル世界からの恋愛のキッカケが全く浸透していなかったわけです。

 

 

結婚も恋愛もOKのマッチングサイト

ところが、ネットの急速な普及と足並みを揃えるようにこうした古い価値観は払拭されて、周りを見れば皆ネットで恋愛・結婚相手を見付ける社会に変貌を遂げていったのです。しかも参加しているのは、今までのように“もてなかった人”ばかりではなく、美男美女が多数集まるようになったのです。

 

こんなデータがあります。今から約10年以上前の米国において、結婚したカップルのうち約15%がデータ・マッチングで知り合い、その中のなんと約30%もの人がマッチ・ドットコムを利用していたそうです。そして、そんな巨大企業がそのまま日本に上陸し、そのサービスを余すことなく現在に至るまで展開するようになったわけです。

 

マッチ・ドットコムのウリはなんと言っても、世界最大のデータ・マッチングサイトであること。そして次に、無料会員だとしても、婚活をしやすい点だといえます。詳しく言うと、他のネット型サービスの場合は、有料会員にならないと相手の写真やプロフィールを見れないのですが、この「マッチ・ドットコム」は一定の制限こそありますが、見れるようになっているわけです。

 

有料会員だと基本メニューは30日コースで月額3,980円ですが、その出会いの幅は文字通り「世界最大」です。インターナショナルな交際も可能にしたサイトでもあるわけですね。しかし、このオープンなシステムや企業風土から、どちらかというと婚活というよりは、恋愛に向いているという一部の声もありますので、自分の婚活スタイルと向き合って検討してみましょう。

 

 

 【婚活・結婚コンシェルジュ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL