40代の婚活は出会いの場に数多く参加する

meeting place

恋愛に関しては、まったく予想が出来ないものです。まだ会ってもいない人に対して、「次のお見合い相手とはきっとうまくいくはず」「週末の婚活パーティーでキレイな女性と連絡先を交換する」、といったことを予知するのは100%不可能です。それに、もしそんな能力があれば何か別のことをして有名人になっていることでしょう。

 

ですから、こと婚活に関しては、どの場においても全力で挑む必要があります。そして、やはり参加する場の絶対数を増やすことも欠かせません。月に1度だけ出会いの場に参加するのと、毎週末顔を出すのでは当然成果も変わってきます。言い方は悪いのですが、“数撃てば当たる”的な考えも婚活には必要なのです。

 

例えどれほどアナタが恋焦がれた人が目の前に現れても、相手に恋愛する意思がまったくないのでは始まりません。逆の場合もまた然りですが、このように、婚活には絶対などありませんし、またその大部分が“偶然”な不確定要素に左右されるものですから、その分母数である“出会いの場”を増やさざるを得ないわけです。

 

数撃てばいつかは素敵な出会いが待っているはず”ということを前提に活動するにあたって、準備やマイルールを用意しておく必要があります。このマイルール設定については、例えば、着る洋服の価格帯は1万円以上にするなど、ある基準に設定しておくと、モチベーションの維持や向上にもなるのでオススメです。

 

 

準備を怠らずにマイルールを設定する

ファッションに関しては、スタイリストさんに選んでもらった物を着るようにして、毎月3万円分を洋服代として必ず確保しておく。また、交際の始まった女性と地元で会うときは、万が一に備えて家の中とトイレはキレイにしておくなど、自分だけのルールを設定しておけば、その後の婚活の糧にもなるはずです。

 

もちろん、そうしたマイルールに基づいた行動をしても、その努力が実らないことなんてザラです。しかし、準備やルールを設定しておくことは、来たるチャンスを逃さないためには欠かせないものなのです。この準備が整っているかどうかでその後の“流れ”が大きく変わってきますので、面倒くさがらずに用意は周到にしておきます。

 

このことをサッカーで例えると、どんなチームであっても常にシュートを撃って果敢にゴールを狙っています。百発百中などは世界最高峰のストライカーであっても有り得ません。何度も何度も撃ち続けて、奇跡の1点を獲得するわけです。つまり、シュート自体を撃たなければ点が入ることなどは無いのです。

 

これと同じことが、出会いの場でも言えるわけです。あきらめることなくシュートを撃ち続けてチャンスをモノにすること。それは、出会いの場に積極的に参加して初めて土俵に立つことが出来ます。そして、シュートの精度を上げるために準備やルールを怠らなければ、おのずと道は開かれていくはずです。

 

 

 【40代独身男性の婚活】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL