更年期障害を知り、対処法を学ぶ

menopausal discomfort

女性特有の病には、加齢と共に、“避けては通れない”更年期障害というのものがあります。一般的にもよく耳にするこの病ですが、詳しい内容を理解している人は少ないでしょう。

 

更年期障害は、女性であれば誰もが卵巣から分泌するエストロゲンというホルモンが減少することで生じるものだと言われています。そして、この障害のボリュームゾーンは40代の後半です。

 

月経が止まる状態の“閉経”を基点にして、前後10年ぐらいがこの更年期と呼ばれています。日本人女性の場合、いわゆるこの閉経は50歳を過ぎたタイミングが平均となっていますので、この更年期は40歳~60歳の間となってきます。とはいえ、もちろん個人差はありますので、中には30歳代でもこの女性特有の障害に悩まされる人もいるので配慮が必要です。

 

では、この更年期障害の症状についてです。まず、自律神経が乱れることで起きるものが、発汗やのぼせなどの、専門用語で“ホットフラッシュ”と呼ばれるものです。そして他にも、手足が冷えたり、頭痛や疲労感・倦怠感、尿道の痛みなど多岐に渡ります。また、よくその辺の年代の女性がイライラして怒りっぽくなるというのもこの更年期障害の典型例として知られています。

 

 

ホルモン補充療法はまだ未熟

ところでこの更年期障害ですが、先の女性ホルモンのエストロゲンの減少だけが理由で発症するわけではないのです。他にも、本人の置かれた環境や性格など、あらゆる要素が複雑に絡み合って生じるので、一筋縄ではいかずに、ナイーブな対応が求められるのです。

 

今広く知られている治療法としては、ホルモン補充療法がありますが、まだ国内での治療については未熟といわざるを得ません。その最たる要因は、医療従事者が十分に、この療法を会得していないのが問題に挙げられています。

 

そのため患者は各地の病院をたらい回しにさせられたり、あるいはどこへ行っても解決策が見付からずに途方に暮れることになるというケースもあるのです。ですので、更年期障害の場合は受身ではなく能動的な姿勢が肝心で、自らがネットや口コミなどを通じて評判の良い病院をサーチして足を運ぶ必要があるのです。

 

今までは、誰もが通る道だと更年期障害を“病”と捉えずにそのままにしておく人が多かったわけですが、やはり、専門の医者にかかれば驚くほどの効果が得られることが分かっています。ですので、自分のみでなく、大なり小なり回りの人間にも影響を与える病気であるからこそ、早めの治療が望まれるのです。

 

 

 【シングル女性の生きかた】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL