未婚男性は水商売の女性を好きになってはいけない

mizusho-bai

世の中には、決して本気で好きになってはいけない女性がいます。それは、水商売の人です。相手は仕事で、サービスとしてアナタに夢のような時間を与えてくれているのです。そこを履き違えている男性のいかに多いことか。ちょっと女性にやさしくされたからと言ってのめり込んでしまえば相手の思うツボ。水商売の世界における模範的なお客と化してしまうのです。

 

水商売で働く女性というのは総じて煌びやかで美しいものです。それもそのはず。そこでは自分自身が商品で、その良し悪しが成果に直結するわけですから、みすぼらしい格好で現場に立つことは有りえないのです。

 

ただでさえ美しい女性たちはこぞって、より成果を上げようと美しさに磨きをかけます。それは外見のみでなく、一流の女性になるほどに立ち居振る舞い、会話に至るまでと徹底されていきます。そして、だからこそ、その完璧なまでの接客に多くの男性は入れ込んで本気になってしまうものなのです。

 

水商売では御馴染みの、よくある会話を例に挙げてみましょう。

 

お客さんは言います、「どうしてこういう仕事をしているの? 他のOLとかではダメだったの?」。ほとんどの女性はこう返すことでしょう。「結構な借金があるからそれを早く返したいんです」、と。

 

それが真実であれ嘘であれ、2030代の女性が多額の借金を抱えている時点で問題があります。ひょっとしたら家庭のやむにやまれぬ事情があるのかもしれませんが、もし本気で好きになり交際したとしても、そういう家庭環境であれば前途は間違いなく多難です。一般的に、普通の価値観を持った女性であれば借金を抱えていようが、水商売という選択肢は出てこないものなのです。

 

 

女性経験が少ない人ほど陥るワナ

しかし、多くの男性陣は“恋は盲目”を地で行くことになり、気付けば入れ揚げてしまうことになります。確かに、気持ちは分からないではありません。日常生活では決して接することのないような美しく煌びやかな女性が、例えわずかな時間であっても自分の方を向いてくれる。徹底したサービスで夢のような時間を提供してくれるのですから、女性経験があまり無い人などは尚更イチコロでしょう

 

とは言え、1時間1万円の夢がそんなに長続きすることはありません。あくまでも相手は、高額なお金を払う見返りにサービスを提供しているに過ぎないのです。しかしながら、そんなことは百も承知であるにも関わらず、ハマり込んでしまうのが“男の性”なのです。

 

居ても立ってもいられなくなり、お気に入りの女性に告白して、あっさり夢破れた人はどれぐらいいるのでしょうか。その数は間違いなく馬鹿にならないはずです。そこには、男であれば誰もが犯しかねない魅惑の世界があるからです。

 

最後に。水商売の女性にはどんなことがあっても手を出してはいけません。それはどの恋愛マスターに聞いても間違いなく同じ事を言います。相手はあくまでも仕事でアナタと接しているだけだということを肝に銘じておきましょう。

 

 

 【40代独身男性の婚活】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL