相手の女性を知るには母親を見ること

彼女の母親

昔からよく言われていることがあります。それは、「相手の女性を知るには、その母親をみること」です。これは非常に的を射たもので、自分たちではまったく意識していなくとも、傍から見ると驚くほど性格や雰囲気、行動といったものが似ているものなのです。

 

これは女性側に限った話ではありません。男性側も同じように、父親と似ているものです。ですから、相手の本質的な面を見極める際には、親の様子を伺うというのもひとつの手です。しかしこのお見合いの段階では、相手の親と接する機会というのはあまりないのが現状。ですから、その際に「すべてをチェックしよう」というスタンスでは無理がありますし、また、そこまでする必要もありませんので、「雰囲気」だけ見るようにします。

 

この雰囲気というのは非常に重要なポイントで、例え相手の親であれ、一緒に居て「落ち着く」「落ち着かない」というのは明確に分かるもの。ここでもし、自分が緊張しているという理由ではなくて居心地の悪さを感じるようであれば、あまり相性が良いとは言えませんので、一度距離を開けてその付き合いを検討してみる必要もあるでしょう。

 

結婚というのは恋愛とは違い、相手の親も密接に関係してくるものです。ですから、いざ具体的に話を進める際は、このように相手ばかりでなく、親の雰囲気を確認することも必須となります。

 

 

女性であれば逆に相手の父親を見ること

しかし、まだ相手と、その親の性格が似ることに疑心暗鬼の人もいるはずです。ましてや、相手にのめり込んでいる最中に、その親に違和感を覚えてしまったときなどは、「あの人自身ではなく、あくまでも親だからきっと大丈夫」と思い込んでしまいたくなるでしょう。実はそこが危険なのです。

 

あなたが家にいるときに親から、「あなたはお父さん(お母さん)とやることが一緒ね」といった類のことを言われたことはないでしょうか。普段の行動で、きっと一度は言われたことがあると思うのですが、当の本人は言うまでもなく無意識です。他人ではなく家族でさえそう思うのですから、よほど似ていると言わざるを得ません。

 

これが果たして遺伝なのか、生活を共にする上で刷り込まれたものなのかは定かではありませんが、これはどの親子にも総じて言えることなのです。「相手の女性を知るには、その母親をみること」と伝えましたが、その逆もまた然り。女性であれば相手の父親を見ることで、将来像をイメージすることも欠かせません。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL