和式での主賓ではない時の作法

not principal

和式での正餐(ひとりづつのコース料理)の場では、アナタが「主賓として迎えられているのか」、「そうではないのか」で当然身の振り方が変わってきます。ここでは、主賓ではない場合の対応について確認していきます。と言っても、婚活の場ではどちらが主賓ということもあまりないので、いざという時の作法として覚えておきます。

 

まず、相手を待つところから。基本的には、招かれたアナタの方が先に和室に着くようにして、相手を待ちます。このときに、用意された座布団は使わずに、それを敢えて外して座るのがマナー。中には、相手を立って待つようにという古い慣習もありますが、今の時代そこまでする必要はないでしょう。

 

座る場所ですが、間違っても上座に陣取ることはしないように。そう、先に説明したように床の間の奥が上座ですから、それに対峙する位置の入り口付近が“下座”になります。この場所を忘れないことです。

 

あとはゆっくり相手の登場を待つのみですが、この時、部屋のあらゆる物に目を配っておき、話題の種を探しておくのがコツです。なにせ和式では、相手にしてみれば空間造りから“おもてなし”が始まっているので、その辺を汲み取って必ずそうした掛け軸などの部屋を彩る物に会話中で触れるのが作法となります。

 

 

和食は箸の使い方が“鍵”となる

さて、食事の仕方です。和食の食べ方は、箸の扱いがポイントになります。「箸は食べるときのみに使う」ことを気にかけていれば特別問題はないでしょう。具体的には、相手と話すときは食事中だとしても極力端を置いて、手を膝に持っていくのです。

 

当たり前のことですが、出されたご飯とおかずに関して、どちらかを先に全部食べるようなことはしないで、交互に食べることです。ごく稀に、普段のクセで、おかずを食べてからご飯に取り掛かる人などがいるのですが、これは徹底して直しておきましょう。そんな食べ方をしていたのでは、相手から好感をもたれる事などは難しいです。

 

ご飯やおかずの“”の置き方も和式ならではの作法となります。ご飯茶碗は内側を上に向けてそのまま卓に置きます。おかずの他の椀に関しても、内側に蒔絵などが描かれていることが多いので、それが見えるように同じように上向きにして置きます。「和食は目でも楽しむ」というのはこうした箇所にもしっかり息づいているということです。

 

こうした作法を押さえておくだけでも、例え慣れない和式での縁談やお見合いであっても、さほど緊張することはありません。あとは、料理が運ばれてくるたびに“意識的に”ゆっくりと食べ、相手との会話を楽しめば良いのです。

 

また、和式の正餐では場合によっては、近くに女性給仕がつくことがあります。さすがに普段、知らない人がずっと横に付くことは無いので居心地が悪く感じるでしょうが、それに関しては「こういうものだ」と割り切るほかありません。大切なのは和式であれ洋式であれ、臆することなく、その場の雰囲気に呑まれずに、普段の自分を精一杯発揮することです。

 

 

 【婚活のマナー】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL