女性にとっての言葉の重みを理解する

omomi

女性にとっての言葉は、非常に大きな意味を持ちます。男女の関係がうまくいかない原因のひとつに、この“言葉”がスムーズに機能していないケースが大多数を占めるほどです。

 

少し壮大な話しになって恐縮ですが、イメージするにはモッテコイなのでお付き合いください。そもそも私たち人間にとって、猿人類から人間になる過程で必須だったのが“”と、伝達手段の“言葉”でした。そしてこの火と言葉は、違うもののようでいて、実はふたつでセットと考えるものなのです。

 

どういうことかと言うと、つまり女性にとっては、言葉は火と同義です。真っ暗な世界において火があればその空間はパッと明るくなります。また、寒さで凍える夜でも火があれば暖かさを得られることでしょう。ローソクやマッチ1本の火では確かにたかが知れています。しかし、限られた状況下ではそれがどれほど頼りになり、また、ありがたいものであるかは計り知れません。

 

言葉も同じことです。男性にとって言葉は伝達手段にしか過ぎませんが、女性にしてみれば言葉は先ほど伝えたように“火”と同義なのです。だからこそ、常に言葉が必要となります。大げさに言えば、生きていく上では欠かせない要素のひとつですらあるのです。ココが男性とは違う価値観ですから注意しておきましょう。

 

 

「愛している」「好きだ」を恥ずかしがらない

女性にとって火と同様の意味を持つのが言葉。だからこそ、一緒に食事をした時に彼女が、「おいしいね」と言えば、「そうだね、おいしい」と共感を示して返答するのが理想なのです。無言で食べるなんてことはあってはいけませんし、ウンチクで返すのも良くありません。繰り返しますが、言葉は火だからです。火があればどんな空間でもポッと暖かくなり居心地が良くなるものです。

 

くれぐれも男性が注意しなければいけないのは、女性と接するときにこれまでのように、言葉を単なる伝達手段でしかないと思わないことです。相手にとって言葉はなくてはならない、ライフラインの一部なのです。そのため言葉がなければ寂しく、心細く、物足りないのです。

 

こうしたことを理解出来れば、「用がないから電話しない」などというのは愚の骨頂であることが分かって頂けるはずです。用がなくても電話をしてお互いの声を聞くのです。また女性というのは、用の無い電話ほど嬉しいものなのです。女性にとっての“言葉”は男性の想像を遥かに越えるほど重要であるのを覚えておくことです。

 

世の男性陣は「言わなくても分かる」「わざわざ言いたくない」と自分の都合で言葉を発するのをセーブします。しかしそれは、自分のエゴでしかありません。女性はとにかくあらゆることを言葉に出して欲しいのです。

 

愛している」「好きだ」というフレーズがその最たる例です。これを何かしらの理由を付けて言わなかったり、恥ずかしがっているようでは残念ながらアナタには未だ恋愛や交際をする資格がありません。殻を破ることです。そして、女性の価値観を理解して、“言葉”を大切に扱うことがポイントです。

 

 

 【女性にモテる男】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL