ファストフードではなく、ゆっくり落ち着いた店で食事をとる

ファーストフード

話すことと同様。いや、それ以上に重要なポイントが『食べる』ことです。元をただせば、『食べる』は人間本来の欲求に基づくものですが、話す(しゃべる)はそうではありません。また、人間は生まれてすぐに話す(しゃべる)ことはありませんが、食べるのはいち早く行われます。産声を上げるやいなやお母さんのおっぱいを欲しがるのがそれです。

 

つまり、食べるという人間本来の欲求は、実に重要な行動なのです。常日頃当たり前のように行っている飲食ですが、その重要性を今一度認識しておくべきでしょう。

 

さて、食べることの重要度を述べたのは、現在、あまりにも飲食に関して興味が無い女性が多いからです。どこで食べようと何を食べようと口に入れば何でも良い。こんな悲しい価値観を持つ人が増えてきているのです。どこで食べても味は一緒。これほど残念な考えを持たれては返す言葉が見付かりません。

 

理想的な食事というのは静かに、ゆっくりと食べられること。また、相手の声が十分に聞き取れるような落ち着いた空間であるのがベストです。食事というのは本来、一日のなかでも指折りリラックスできる時間で、かつ楽しめる時間でなければなりません。とはいえ、そんな悠長な時間を過ごしてはいられないと反論を持つ人もいるでしょうが、であれば、まずはそこを可能な限り改善するべきなのです。

 

現代人の多くは、食事をする時間も惜しいほどに余裕がありません。そして、それがストレスとなって心身の状態を悪しき方向へと誘うのです。食事するときぐらい、ゆっくりと、時間を忘れて、その瞬間を満喫するのが望まれます。時間に追われて食事をする時間さえ十分に取れないと、結果的に自分自身が被害をこうむることになります。

 

ですので、最初はかなり抵抗があるでしょうが、自ら、無理矢理にでもゆっくりと食事をする時間を確保するようにします。それがアナタ自身の健康のためにもなるのですから。

 

 

うるさい場所で愛は育まれない

また、ゆっくり食事をするとなると、ある程度のお金が必要、ひいてはお金持ちでなければいけないのでは? という誤解を招いてしまいますがそうではありません。お金がないときから一貫して、そうした習慣をつけてしまえば良いだけのこと。

 

お店にしたって、何も高級レストランの類で食事をしろといっているわけでは無いのです。静かで雰囲気が良く、良心的な価格で食事を楽しませてくれる店は世にいっぱいあります。そうしたところで心底リフレッシュして欲しいだけです。

 

ワイワイガヤガヤと、大衆居酒屋のようなお店も悪くはありませんが、大切な人との食事であればそんなところでゆっくりと会話を楽しむことは出来ません。周りの騒音がうるさ過ぎて、デートを満喫するどころではなくなるのです。お互いに大きな声を出さなければいけないような空間での食事は絶対に避けるようにします。そうした場所では決して愛が育まれることなどはないのですから。

 

誤解を恐れずにはっきり言わせて貰うと、敢えて店名は出しませんが、全国展開するファストフード店で食事を堪能しているようでは、アナタは異性から魅力を感じられる女性にはなりえないのです。もちろんたまにはそうした場所に行くのも良いでしょう。でも、それがスタンダードではいけないということ。

 

本質的に美しい女性というのは、そうした外野のうるさい場所ではなく、自分の時間を確保できる静かで落ち着いた空間で食事をとるものです。そうした女性こそが、異性の視線を奪う、品を持った健康的かつ知的な女性になれるのです。

 

毎日当たり前のように行う食事ですが、女性はこの食事にこそこだわるようにします。食べる料理自体はもちろんですが、それをどこで食べるのか。ここにも細心の注意を払います。周囲の話し声で相手の声が聞こえないようなファストフード店はNG。その逆で、ちょっと声のトーンを落としても十分に相手の声が聞き取れる、静かな場所を見付けます。

 

そして、店主が一生懸命に作った料理をゆっくりと味わえるところでなければいけません。誰でも簡単に入れるようなお店に通い続けたのでは、アナタはそのレベルの女性で終わってしまいます。行きやすいからといって、安易にその手のお店に足を運ぶのではなく、落ち着いた空間で食事できるお店を探すのです。そうした場所でこそ、アナタの美容や健康というのは維持され、また、大人の女性としての美しさに磨きがかけられるのですから。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL