プロポーズのお膳立ては女性が準備する

ozenndate

交際を複数回経て、お互いの気持ちを確かめ合ったら、いよいよ『結婚』という最終ゴールに向かって突き進むことになります。「この人とずっと一緒にいたい」、という気持ちが募れば、あとは流れに身を任せれば良いのです。

 

では、この流れについてですが、当然プロポーズという儀式を経ることになります。説明するまでもなく男性から女性へ求婚するダイレクトなメッセージですね。しかしなかには、プロポーズ無しで結婚するカップルもいるのですが、やはり本来はこの、「自分の気持ちを誠実に相手に伝えること」を怠ってはいません。言ってみればプロポーズは、男としてのケジメでもあるわけです。

 

多くの女性にとっては初めてのことですから、「いったいプロポーズはいつされるのか」、皆目検討がつかないことでしょう。でもこのプロポーズは唐突にされるのではなく、今までの二人の関係があって始めて行動に移されるものですから、それなりの流れが存在するのです。ですので、女性はその流れを邪魔しないように、かつ、うまくそこへ誘導できるような環境を作っておくのです。そうすれば、もうあとは相手のタイミング次第になるわけです。

 

時代の流れと共に、求婚しない、「プロポーズをしない」男性が増えているのは事実です。これは草食系男性の増加ということでひと括りに出来る問題ではなく、例え肉食系男子に見えても、いざという時には頼りないという見掛け倒しのパターンも増えているのです。こんな状態が散見される今の時代では、さすがに女性陣に対して、相手からの行動を待ち続けなさいとアドバイスするのはリスキーです。ですので、彼女らには、出来るだけ相手がその気(プロポーズする)になるような行動を取って欲しいのです。

 

 

煮え切らない男との結婚は考え直すべき

しかし、そんな面倒くさいことをしないで、自分から、「私と結婚してもらえませんか」、と求婚したい女性もいるかもしれません。でもそれは、NG男性は女性の積極的な行動に対しては往々にして後ずさりしてしまうものなのです。そう、引いてしまうのです。ですので、プロポーズはあくまでも男性側の役目だと割り切って、可能な限り言いやすい状況を作ってあげるのです。わずらわしいかもしれませんが、男性を立ててあげることが、二人にとっては結果的に最善の策となるのです。

 

具体的にどう行動するのが良いのでしょうか。簡単なことです。「結婚」を意識させる言動で、さり気なく誘導していくのです。例えば交際中のデート先で、「一緒にこんなところに住んだらどんな感じでしょうね」、というように、あくまでもサラリと、しかし相手の心にストレートに響く言葉をかけて様子を見てみるのです。

 

そこで相手が変に動揺したりせずに、相づちを打って返してきたら、今度は、「結婚したい」という意思表示を言葉を変えて言ってみます。それが自分からのプロポーズのようになってしまうのは絶対にいけませんので、若干難しいかもしれませんが、「あなたのそばにいると落ち着くので、ずっと一緒にいたいです」、というような積極性も内包した言葉を発するのです。

 

こうした言葉というのは、いかなる男性の胸にも強烈に響きます。「女性がここまで恥ずかしい気持ちを耐えて自分の気持ちを伝えてくれているのだから、それに応えないと男が廃る」、と普通の男性であれば思うのが当たり前。逆にそう感じないのであれば、あまりそういう男性と一緒になるのはオススメしません。そんな煮え切らない男と一緒になったところで、将来苦労する危険性が多分に想像できるからですね。

 

確かに、女性がある程度のお膳立てをしてあげるのは、面倒くさいかもしれませんが、今の時代には必要なことなのです。うまく誘導してみてあとは男性の出方を待つのみ。しかしそこで、期待する行動が伴わない相手であれば、将来のことも考えて今一度じっくり考え直しみるのも大切なことです。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL