婚活する上での個人情報のリスクを知っておく

personal-data

婚活をする上では、「個人情報の扱いがどのようにされているか、セキュリティは万全か」という点も確認すべき箇所です。特に、“インターネット型”であればプロフィール等はすべてネットを通じて見る事が出来るために、万全の対策がなされているとしてもやはり少なからず不安が残るものです。

 

そこには、名前、住所といった個人を特定する情報から始まり、趣味嗜好、勤務先といった詳細なものまでが網羅されていますので、ある人物像を把握するには十分過ぎるのです。加えて、プロフィール用の写真がありますから、もう完全な丸裸状態。これが最悪、意図しないところに流出したと思うとゾッとします。

 

しかし、こうした危険と隣り合わせなのが、インターネットを通じた婚活サービスなのです。ですので、くれぐれも聞いたことがないような怪しいサービスには手を付けてはいけないのです。

 

こうした注意喚起をするのは、多くの人の危機意識が低いためです。もちろん、ほとんどの場合問題なくサービスを受けることが出来ますが、事前に万が一のことも頭に入れておくべきなのです。

 

 

セキュリティを考えれば業者選びは限られる

インターネット型のみでなく、結婚相談所型も例外ではありません。業者によっては相談所のみでなく、家でも相手のプロフィールをネットで見れるのをセールスポイントにしているところもあります。つまり、会員側にしてみれば非常に便利なサービスである反面、ネットを通して閲覧するというシステムである以上、個人情報が流出してしまう可能性はゼロではないということなのです。

 

これはネットばかりではありません。結婚相談所に登録すれば毎月、婚活カウンセラーからの厳選した相手の資料が郵送で届くことでしょう。しかし、自宅に届くということはつまり、アナタだけではなく家族や、たまたまその場に居合わせた第三者も見ることが出来るということ。また、もし、その資料を外に持ち歩いて紛失でもしたら……。

 

こうしてデメリットに目を向けていたらキリがありませんが、逆にメリットばかりを見て、無防備でいることもダメなのです。

 

ネット社会の今、個人情報の取り扱いについてはどの業者も細心の注意を払っています。しかし、一旦冷静になって回りを見渡してください。誰もが聞いたことのある大手の企業でさえ個人情報が流出したという不祥事が後を絶ちません。つまりは、そういうことです100%安全などというものがないことを知ったうえで、アナタが受けたいサービスを提供する企業の会員になることです。

 

最後に、ここまで注意喚起をしたのは、繰り返しますが危機意識をまったく持たない人が多数いるからです。認証マークを取得した婚活業者で言えば、今まで個人情報が流出したという事象はありません。これは徹底したセキュリティ対策をとっているからですが、一方で、名の知られていない業者に関してはやはり不安が残ります。

 

選択の基準は大手であり実績があること、そして、一定の会員数を抱えていることが不可欠ですので、「なんとなく良いな」という程度であまり知られていない企業に手を出してはいけません。

 

 

 【婚活・結婚コンシェルジュ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL