民間保険に加入する前に公的保険の内容を把握する

private-insurance

「いざという時に治療費が払えなくなるのが恐い」という理由で、民間の保険会社に加入している人は大勢います。しかし、その中でどれぐらいの人が、公的な医療保険の適用範囲を把握しているのでしょうか。きっと多くの人は、公的保険の保証で大抵のことがまかなえることを理解していないはずです。

 

民間保険に入る理由としては、「保証は手厚い方が良いから」「回りがみんな入っているから」という声があります。しかしその実、ふたを開けてみると公的医療保険の内容を十分に知らないという驚愕の事実があるのです。

 

つまり、人によっては公的保険で十分なところを、あえて余計な出費を増やしていることになるわけです。「生命保険に念のため入っておく」というと、誰もが好意的に捉えますが、今の時代、闇雲に入って出費を増やさずとも事足りる場合もあるのです。

 

更に言えば、家族を持っている人でさえ疑問視される現状ですから、シングル女性の場合は尚のこと検討すべきでしょう。掛け金の額が上がるほどに保証が手厚くなるのは当然の話しです。が、そのひとり身で必要となる保証と、毎月の掛け金のバランスは合っているのでしょうか。

 

 

余計な掛け金を払い捨てることはない

古くからの悪しき慣習で、年配の人ほど「保険に入っておくのは安心を買う為に当然」と考えています。しかし、もしものときの医療費というのは、先にも話したように民間保険でないとカバーできない類のものではありません。公的医療保険でも、十分可能だということです。

 

忘れてはいけないのが、日本という国は医療保証制度が手厚い点です。いかなる怪我や病気であっても、公的医療制度の健康保険を使えば、通常かかる医療費の3割を負担するだけで済むのです。また、私たちが享受できる恩恵はその3割だけに留まりません。医療費が高額になればストップ機能が作用するのです。

 

つまり、このストップ機能が「高額療養費制度」で、ある一定額以上の治療費が発生したらその超過した分が戻ってくるというシステムですね。

 

生命保険会社の営業マンの押しに負けることなく、まずはこうした公的制度があること、そして保証内容を知っておくことが先決です。その上で、「やはりもしもの時にもう少し保証が厚いと安心できる」という結論に行き着いたのであれば、迷わず保険に加入するべきなのです。

 

最もいけないのは、「なんとなく不安だから」と加入して、本来であれば必要がないかもしれない掛け金を毎月払い続けることです。その掛け金もチリも積もれば山となり、数年、数十年先を考えればコツコツと貯蓄しておいた方が良かったということになることもあります。今一度、検討してみるのも決して無駄ではないはずです。

 

 

 【シングル女性の生きかた】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL