ネット婚活ではプロフィールカットを必ず載せる

profile photo

ネット婚活での写真掲載について見ていきましょう。このネット婚においては、自分のプロフィールカットが大きな武器になります。他の婚活ツールと比べると、実際にお互いが会うまでにはいくつもの段階を経ないといけません。そしてそこで、会う・会わないの判断材料になってくるのが本人写真なのです。

 

プロフィール文だけではその人がどういう人なのかは想像しにくいものです。しかし、顔写真が一枚あるだけで、心のどこかにあった不安は遠のき親近感も湧いてくるものです。

 

ネット婚活業者の多くは、このプロフィール写真の掲載を義務付けてはいません。各証明書同様に、本人の任意という形を取っています。そのため、当然自分の写真を掲載しない人が出てきますが、こうした場で掲載していないと逆に怪しいものです。

 

言ってしまえば、不特定多数の人が見る場で抵抗があったとしても、ココに参加している人たちは皆「結婚願望」が強い人たちですから、相手の顔が見えなければ選びようがありません。ですから、余計な心配はしないで、出来る限りプロフィールカットは載せるべきなのです。

 

極論、自分の写真を「恥ずかしいから」などの理由で掲載しないのであれば、他の会員から怪しまれるばかりか、交際のオファーも期待出来ません。それは自分がその立場になって考えれば瞭然ですが、写真が載っていない異性にあなたは果たして交際を申し込むでしょうか。また、そんな人から交際を申し込まれてすんなりYESと答えるでしょうか。正直、気持ちが悪いですよね。もし、そこまでして掲載したくないのだとすれば、他の婚活ツールを選ぶのをオススメします。

 

 

スナップ写真で胸から上の全体像を

では、実際のプロフィールカットについてです。主に、婚活での本人写真には2つのテイストがあります。ひとつに、プロに撮影してもらった正式なスタジオ写真。二つ目は、デジカメなどで撮ったスナップ写真です。基本的にこの2つが主流となりますが、ネット婚活の場合はスナップ写真にするようにしましょう。逆に、結婚相談所はスタジオ写真を。婚活パーティーはどちらでもOKという流れです。これは、それぞれの婚活ツールの特性によるもので、誰もが気軽に、低価格で参加できるネット婚の場合はスナップとの相性が良好となります。

 

この時、もし、スタジオ写真を掲載してしまうと明らかに回りと浮いてしまうことになります。結果的に、そうすると空気が読めない人ということで異性からはマイナス評価となり、交際の申し込みは望めません。ですから、ネット婚活ではプロフィールカットはスナップ写真というのを徹底しましょう。

 

一応断っておきますが、友人数名と撮ったもの、本人の表情が分からないほど遠くから撮ったもの、おかしな部分で切れているものなどは使わないように。相手の立場になれば、どんな写真が見たいかはおのずと分かるはず。そう、にこやかな表情で胸から上の全体像を皆見たいのです

 

 

  【婚活の種類】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL