自分から心を開いて相手との距離を縮める

reduce-distances

出会いの場でうまくいく人と、いかない人では、「その人が相手に心を開いているかどうか」が重要となります。言うまでも無く、お見合いや婚活パーティーでうまくいく人というのは、しっかりと自分の心を開いている人たちです。相手と自分の間に壁を作っておいて、うまくいくことなどはあり得ないのです。

 

期待通りの結果を得られない人たちというのは総じてコミュニケーションが不十分です。初対面の人と会うのですから自己紹介に始まり、世間話へと流れていくわけですが、この時お互いの内面に踏み込むことなく、上辺だけの会話で済ませてしまうことが問題となります。

 

少なくとも、生涯の伴侶になりうる人と出会う場なのですから、自宅に訪れるセールスマンと同じような対応では何も始まりません。もちろん、本人にそんなつもりはないにしても、結果的に相手にそうとられてしまったのでは一緒ですから、そこは注意すべきです。

 

恋愛経験が豊富なわけでもなく、更には、お互い初対面ですから中々スムーズに会話が出来ないのは当然です。「何から話せば良いのだろう」と誰もが不安と緊張でいっぱいのことでしょう。でも、そこで留まっていたのでは、こと男女の関係の場合は決して何も生まれません。唯一の突破口はお互いの心を開き、深く相手を知ろうとする姿勢しかないのです。

 

繰り返します。出会いの場で相手とうまくいかない人の大半は、この「心を開く」ことが出来ていません。初対面の相手ですから警戒してしまうのも分かりますが、それではお互いの距離が一向に縮まることなどはないのです。

 

 

リラックスして表情の強張りに気をつける

大切なのは、「まずは自分から心を開くこと」。ココで間違っていけないのは、相手に求めるのではなく、あくまでも「自分から」という点。それが出来て始めて、相手も除々に心を許すことができるということを頭に入れておきましょう。

 

心を開くことができれば、おのずと会話も発展するものです。その際に、話が決してスムーズである必要もなく、また、途切れてはいけないなんてこともありません。例えぎこちなかったとしても、アナタが精一杯気持ちをオープンにして、距離を縮めようとしていることは誰にでも伝わるものです。そんなあたたかい気持ちを持つ人に対して、好意を持たない人などはいないのです。

 

また、自分の表情にも気を配っておきましょう。心を開いて会話をすることは大切ですが、その時の表情がおかしければ逆に、相手に違和感や恐い印象を与えかねません。自分のことをしゃべっている際に、ずっと相手の目を見つめて一度もニコリともしない状況が続いたらどうでしょう。そんな人はいないと思うかもしれませんが、実は出会いの間では、緊張のあまりにそうなってしまう人が意外と多いのです。

 

普段は決してそんなことはない人でも陥りがちな「表情」の強張り。これを回避するにはリラックスするほかありません。その上で、意識的に表情にバリエーションを持たすことが望まれるのです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL