もてなしの心を持って相手と接する

waiter

いかにして今回のデートを相手に楽しんでもらうか」。

お互いに打ち解けてない間柄であれば、このことに終始尽力することかと思います。「なにか面白い話ができるだろうか」「相手の興味のあるデートスポットはここで大丈夫だろうか」「レストランはここで間違いないだろうか」など、とにかく様々な不安が脳裏をよぎるはずです。

 

もちろん、そうした「内容」も肝心ですが、まず第一に心がけたいのは、アナタの「もてなしの精神」です。相手の立場になって思いをめぐらせてみてください。つまりアナタ主体ではなく、どうやったら相手を楽しますことが出来るのか。そして、また会いたいと思わす時間をどうすれば提供できるのか。

 

この2点を熟考すると、自然と自分がどういう行動を起こせば良いのかというのが見えてくるものです。まず、思考が相手主体になり、考え方が変わっていますので行動が明らかに変化しているはずです。

 

もてなすことを前提に考えると、それに伴い相手への心配りも細部に渡るようになります。するとキメの細かいアナタの配慮に対して、相手の愛情も徐々に増していきますので、結果的に良好な関係を築きやすくなるのです。

 

このとき、何も特別なことをする必要はないのです。アナタにとって相手は掛け替えのない存在ですから、まず最大限のもてなし方に注力してください。と、ここで「なにもそこまでしないでも」、と思ったアナタは婚活をする資格はありません。

 

相手を尊重してもてなすことは、今後、夫婦になったとしても必要不可欠な要素です。相手を思いやる心がなければ、例え結婚したとしてもお互い幸せにはなれないことを知っておくべきでしょう。

 

 

相手の側に立つことで行動は変わってくる

では本題です。アナタはいま、上顧客を前にした百貨店の販売員、もしくは高級車ディーラーの営業マンだとします。目の前のお客さんに失礼がないよう、また、心地良い時間を過ごしてもらえるように徹底的に“もてなす術”を駆使するはずです。そこで、このもてなす術を同じように、デート相手にも実施して欲しいのです。

 

だけど、この「行動」のままでは他人行儀過ぎてしまい逆に悪印象を与え兼ねませんから、「気持ち」は友人と接するようにしておくのです。

 

最初は難しいかもしれませんが、慣れてしまえば問題ありません。相手に居心地の良い時間を過ごしてもらえるように細心の気配りを行動で示して、気持ち的には、馴れ馴れしくならないようにしながら友人と接するフレンドリーな雰囲気を保つこと。

 

こうすることで相手にアナタの気持ちがヒシヒシと伝わり、居心地の良さ、ひいては好感が持たれるようになるのです。そして、この“もてなし”の気持ちは男女による性別差はありません。

 

相手に対してお互いが持つことが望まれますので、男性は先の行動と気持ちをうまく合わせた接し方をして、女性はそうしたもてなしの精神に浸り、心から楽しむことです。この女性側がもてなされて楽しむことは、結果的には回りまわって男性への心配りにつながるのです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL