“料理ができない”はNGワードのひとつ

ryourigadekinai

お見合い相手に求める要素に、『料理ができるかどうか』というのは必ず上位に入ってきます。世の男性の大半は家庭的な女性を求めているのであって、社会的な人を結婚相手に望んでいるわけではないのです。

 

ですので、女性は家庭的な部分をアピールするのは必須事項。もちろんこれまで働き尽くめで、家のことなどは二の次三の次で、家事が苦手だという人は今の社会に大勢いるはずです。でも、そこで、決して家事が不得意なことを自信満々に言ってはいけません。

 

「これまで仕事に没頭してきたので、家のことはほとんど出来ないです」、あるいは、「食事は外食がほとんどでしたから料理はてんでダメですね」というのは、相手にしてみればマイナス要素以外のなにものでもないのです。家庭的でないことは婚活の場では不利に働きますので、そのことに引け目を感じることです。堂々とそのことを発言するなどはもってのほかです。

 

これだけは覚えておいて欲しいのですが、婚活男性のほとんどは、結婚したら奥さんがおいしい料理を作ってくれるものだと夢を見ています。多少の例外こそあれ、会社から帰ったら出来立ての温かい晩御飯を用意してくれている。そして朝は朝で、栄養たっぷりの朝食を食卓に並べてくれるものだと、常にあわい期待を抱いているのです。昔から言われる有名なフレーズに、『相手の胃袋さえつかまえれば結婚できる』、というものがありますが、正にその通りなのです。

 

昔に比べて今はライフスタイルに様々な変化が出ていますが、こと食べることは普遍的ですので、そのフレーズはそのまま活きてきます。つまり、どんなことよりも、相手の胃袋を楽しませる料理を提供することが出来れば、それで万事OK、アナタの婚活は早々に良い結果を得ることが出来るはずでしょう。

 

 

女性は男性の胃袋を征すべし

大事なことですので繰り返しますが、例え料理が大の苦手であっても、それをそのまま相手に伝えてはいけません。嘘をつくわけではないので誤解して欲しくないのですが、要は、あくまでもオブラートに包んで話すイメージです。「これまで一切料理をやってこなかったのでまったく自信がありません」、ではなく、「料理をする機会があまり無かったのですが、これからは一生懸命勉強していくつもりです」といった風にです。

 

実際、いくら社会の流れが変わってきているとは言え、やはり男性は女性の手料理を食べたいのは変わりませんから、「料理が出来ない」は通用しません。ですので、本気で婚活を成功させて、幸せな結婚生活を送りたいのであれば、料理学校に通ったり、お母さんに『母の味」を教えてもらうなど積極的に学ぶ姿勢が大切です。

 

また、料理のレパートリーは最低でも10種類はないといけないでしょう。誰もが食べたい候補に挙げる肉じゃがにカレー、から揚げ、……と、この場合、多ければ多いほどに女性の評価は上がっていきます。

 

男性は口に出して明言する人こそ少ないのですが、その裏では、奥さんの手料理が楽しみで楽しみでしょうがないのです。男は時として強がりを見せて腹の内を隠します。でも、逆に、女性がその辺を汲み取ってあげるのもひとつのやさしさかもしれません。

 

家庭的というキーワードから、家事や料理に対する男性の認識を見てきましたが、何も『家事』は女性がやるものだというわけではありません。お互いに働いているのであれば役割分担をして、半々で家事を行えば良いだけです。ここで伝えたかったのは、男性の胃袋を征した人にこそ幸せへの道が開かれるということです。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL