“酒癖”と“友達”、“趣味嗜好のキッカケ”の3つを押さえる

sakeguse

果たして相手男性はどういう人間なのか。たった数回のデートでは決して分からないこともあります。そこで、効果的な5つのポイントをココで押さえておいて、是非、実践で有効活用して頂ければと思います。まず前回紹介した、【1】待ち合わせと【2】お金の使い方をチェックしたので、今度は【3】酒癖、【4】友達の様子、【5】趣味嗜好の3つを見ていきます。

 

3.酒に酔わせて酒乱かどうかを見極める

ギャンブル好きと一緒になっても幸せになれませんが、酒乱も同じです。一度でも酒乱の人と同席した経験があれば、どれほど迷惑で憂鬱、更には怒りが伴うものかは理解いただけるでしょう。しかも人によっては暴力を振るうことも加わってくるのでもうお手上げ状態。そんな男性とは決して一緒になってはいけません。

 

そのためには、交際中に何度か一緒に飲みに行くこと。お互いに緊張していますから、なかなかお酒が進まないでしょうけど、そこはもう色気を使ってでも相手に飲ますようにするのです。しかし、酒乱の男性はただでさえ「失敗しないように」という自覚を持っているでしょうから、飲ますのは尚のこと難しいかもしれません。でも、そこはもう、場をなんとか盛り上げて相手に気分よく飲んでもらう状況を作ることに専念するのです。

 

そして、結果的に酔いが回って目がすわったり、言動が乱暴になってきたりするなど、今までの雰囲気とは一変し出したらその人は酒乱と考えて間違いないでしょう。そこから先は相手を事細かに観察するのみです。

 

社会問題になっているDVに関しても、酒乱が原因のケースは非常に多いです。また、酒癖が悪い人は仕事でも失敗するもの。そんな人は自然と周りからも嫌われますので、メリットはどこにも無くなります。酒乱とは決して一緒になってはいけません。

 

4.周りの友達を観察する

類は友を呼びます。これは真実ですので、ある程度仲が深まったら友達を紹介してもらって、その人たちがどんなタイプかを見てみましょう。特別理由を用意することなく、サラッとひと言、「今度友達に会わせて」と言えばいいだけです。

 

そこで、同性の友達が極端に少ない場合は注意が必要です。友達がいないというのは、やはりなんらかの問題があると考えられます。一般的には、同性の友達が少なすぎる場合は、性格がひねくれていたり、周囲に嫌悪感を与えるタイプが多いです。そういう人に深入りしてしまうと、後々厄介なことに巻き込まれかねませんので、少しでも危険信号を感じたら素早く縁を切ることです。

 

また、そういう男性は、同性に友達がいないがために異性にちょっとしたことでのめり込みやすいので、例え一緒になったとしても、将来的には異性問題で振り回されるなど、良い点などどこにもありません。

 

5.趣味・嗜好の経緯を聞く

結婚生活で趣味嗜好が同じであれば、やはりそれだけ夫婦円満の確率は上がります。とは言え、真逆の夫婦でも円満の場合が多いので、このことは一概には言えません。そこで、ひとつ確認しておきたいのは、その趣味・嗜好は本人自ら出たものかどうか、という点です。

 

つまり、誰かに言われて始めた結果、それを趣味として語ってしまっている。でも、実際はそれほどでも無いという場合があり、それが一番最悪なのです。親や友人の影響で始めたものをそのまま、ただなんとなく続けている。つまり、主体性がなく、それが他人の受け売り状態であれば、いざという時に頼りに出来ず、また、男らしさという面でも不安が残ります。だからこそ、趣味・嗜好の経緯はしっかり聞いておくべきなのです。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL