カッコ良い上に三枚目もこなすからこそモテる

sannmaime

女性と出会い、交際するまでの過程や、恋愛していく上では、様々な悩みが生じるはずでしょう。いや、何の問題もなくスムーズに進展することなどはほぼ無いと言った方が正しいかもしれません。それは、そもそも男女間での価値観が異なるからです。

 

男性は女性と接していくなかで、「どうして自分はこんなにやってあげているのに、なかなかこっちを向いてくれないんだろう」、とか、「この間のデートはうまく行ったはずなのに、なんで次のデートはキッパリ断られたんだろう」といった多くの問題に直面することだと思います。

 

しかし、そうした時は見方を変えて、女性というのは“楽しいか楽しくないか”が判断基準であるということに立ち返って考えれば、幾分気持ちはラクになるはずです。

 

まず、男性の皆さんに釘を刺しておきたいのは、「自分の恋愛がうまくいかないのはお金を持っていないことが原因だ」、あるいは、「容姿が良くないからだ」、というのは違うということ。そうした事実などは相手女性にしてみればどうでもよくて、彼女らがそうした男性を見ると、単に自らの引け目に対してウジウジしている冴えない男にしか映らないのです。

 

大してお金を持っていなくても、容姿が良くなくても、また、有名大学を出て一流企業に勤めていなくても、モテる男性は星の数ほど存在します。そうした男性というのは、元々のスタート時点から自分の置かれた“事実関係”を武器にすることが出来ないので、違った手法で行動するほかありません。つまり、最初から相手をいかに楽しませるかに特化して、ただひたすらにそれに注力して頑張っているのです。

 

 

時にはバカになる器量も必要

さて、ここで多くの人は、「女性を楽しませると言っても結局は顔も良くなければモテるはずないでしょ」、という考えが浮かぶことでしょう。いくら世の女性陣が、「顔が一番重要なわけではない。性格が良ければそれで良い」、などと言ったところでそれを簡単に信じることが出来ない男性は多いのです。

 

確かに、統計的に見れば、容姿がまったく関係ないかといえばそれはウソになります。しかし、その要素は全体の一部であって、女性の言うようにそれがすべてでないのは間違いありません。ゼロでも100でもないということです。

 

ここがポイントで、男性というのはゼロか100かで物事を判断しがちです。そして、そこに来て容姿は関係ないと言っておきながら、その女性の彼を見ればほとんど容姿端麗だったりするから「言っていることが違う」と反感を覚えるのです。しかし、ここで女性はウソをついているわけでは無いのです。

 

その容姿端麗の彼は、時にはバカになることも出来る側面を持っていることが多いです。いわばカッコ良いにも関わらず三枚目も平気でこなすからこそ魅力に拍車が掛かりモテるのです。

 

単にカッコ良いだけの男性であればそこまで魅力的に映ることはないですが、まさかのギャップを平然とこなす人間としての幅の広さに女性は惹かれてしまうのです。「こんなカッコ良い男性がココまでひょうきんなことをするんだ」、という意外性が無二の存在たらしめるのです。

 

女性は楽しいかどうかを何よりも優先します。一方、男性は事実関係であったりゼロか100かといったところで悩みがちなもの。ですから男性陣は、この男女間の価値観の違いをしっかりと認識した上で、常に“楽しさ”に配慮することが肝心となるのです。

 

 

 【女性にモテる男】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL