セルフケアで50歳でも出産できる事実

self care

子供を産めるのは、何も40代前半までではないということについて話していこうと思います。産活について正しい情報が広く認知されていなかったひと昔前までは、40歳近い女性たちの中には、しっかり調べもしないで出産を諦める人が多かったことだと思います。

 

しかし、今の時代40歳近くなったからといって妊娠を諦めるのはナンセンス。科学の進化により、場合によっては50歳でも出産できる時代になったのをご存知でしょうか。

 

この突拍子もない話に耳を疑いたくなる気持ちは分かりますが、これは事実なのです。「50歳になっても妊娠は出来る」。早速、医学的にも証明されたこの事象について見ていきましょう。

 

それは、雑誌やテレビでも紹介された「バイオファクター」を有効利用するというもの。この、体内細胞のそれぞれにエネルギーを供給するバイオファクターを使い、まずは自分の体を労わります。そして次に、子供を産む最たるポイントとなる子宮年齢を、だいたい1020歳若返らせます。こうすることで、無理なく子供を宿すのを可能にした手法がこのバイオファクターなのです。

 

 

バイオファクターで卵巣と子宮の老化を抑える

詳しく見ていきますが、ふたを開ければ特別なことはしていません。女性が子供を授かるには、「卵巣」と「子宮」の年齢が重要となってきます。そしてこの二つは、歳を重ねていくほどに、また、ストレスなどの外的要因によって自然と老化していくもの。

 

そこで、この老化にストップをかけることが、端的に言えばバイオファクターの役割です。それには、専門的な検査を半年に一度は受けるようにして、医師の指導のもとで卵巣や子宮年齢をうまく調整していくのです。こうすれば結果的に、婦人科系の病気や、一番の目標である不妊を解消することができます。

 

これらは、セルフケアとも呼ばれています。的確に自分の体と対話し続け生活すれば、出産に関して40代の壁をさほど気にしないでも大丈夫です。問題なのは、回りの通説に流されて、出産を諦めること。妊娠年齢は若いに越したことはありませんが、アナタの意識次第では、50歳になってもその可能性があるのを忘れてはいけません。

 

自分の体をいたわり、セルフケアを怠らない。言葉にすると簡単ですが、やはりこれにはそれなりの努力も必要です。食生活はおろか、生活習慣の改善も当然修正する必要が出てくるはずです。でも、それらのひとつひとつをより良い方向へ導くことで、体内の老化速度を抑え、そればかりか、主要部位の年齢を若返らせることもできるわけです。

 

今の時代、簡単に妊娠を諦めることは全くありません。自分次第で不可能を可能に出来るのですから。

 

 

 【シングル女性の生きかた】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL