女性は楽しいかどうかについてシビアに判断する

sibianihanndann

男性が女性に“楽しさ”を提供することは何にも増して大切です。そのため、この感情を与えることが出来なければ、残念ながら実りある交際や恋愛に発展することはほぼ不可能でしょう。

 

まず、男性が注意すべきは、こうした“楽しい”という感情を常に持っていて、その基準があるかどうかです。中には、この手の感情に疎く、どちらかというと事実の基準しか持ち合わせていない人も多々存在します。

 

つまりどういうことかと言うと、「この間デートしたときは手をつなぐことまでは出来たけどその先がダメだった」、という風に事実そのものを振り返り、そこで悩んでしまうのです。

 

ところが女性には、そうした面は一切ありません。極論、そんな事実などはどうでもいい話しなのです。女性にとって大切なポイントは、“楽しかったかどうか”、これに尽きます。一緒にいて満足できれば、それですべてOKだということ。このように、男性と女性との間に生じる認識の違いには注意が必要です。

 

 

女性の採点基準は細かく、厳しい

さて、そこで、女性はこの“楽しいかどうか”についての採点を実に厳しく行います。分かり易く言うと、男性の楽しいに対する尺度が「良い」「普通」「がんばろう」の3段階であったとすると、女性は100点満点計算の1点刻みなのです。

 

これは大げさでも何でもなく、それほど女性はシビアに捉えているのです。そして更に言えば、1点刻みどころか、小数点の第一位まであるほどです。「今日の楽しかった点数は80.5点で、この間は75.5点だった」といった具合です。

 

この価値観の違いをまず事前に知っておかないと、女性と付き合っていく上で大なり小なりの問題が生じてくるはずです。ですので、ちょっと乱暴に言えば、女性は“楽しさにシビアで、事実なんかどうでも良い”ということを肝に銘じておくことです。

 

そして、男性側としても、こうした思考を意識的に持つことで、男としての内面の厚みや幅も出てきます。なぜなら、事実に基づいてあれこれ判断している人というのは、回りから見るとやはりどこか冴えず、魅力に欠けるものです。しかし、“楽しさ”に基準を置いた男性は、自然とエネルギッシュかつパワフルになり、回りの人間を幸せにさせる力を持つものなのです。

 

もちろん、中には当たり前のようにこうした“楽しさの提供”が出来ている男性もいるのですが、実はあまり出来ていない人が多数を占めるのが今の現状です。「どんなときでも積極的になって、相手を楽しませることを忘れない」精神を持っていれば、たいていの人は良い出会いが巡ってくるものです。

 

この時、容姿やスペックといったことはあまり関係ありません。なぜなら、それ目当ての女性を除けばほとんどの人にとっては二の次三の次の事象であるからです。女性が見ているのは、楽しい時間を提供し、共有してくれる人なのかどうかということ。しかしその採点基準はかなりシビアですから、相手の想いに全力で応えることがポイントになってくるのです。

 

 

 【女性にモテる男】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL