結婚しないでシングルマザーという選択もあり

single mother

結婚というよりも、「子供が欲しい!」という願望の方が強い女性も少なからず存在します。そういう女性にとっては、相手の煮え切らない態度で、ただむやみに時間が過ぎていくことはなんともストレスになります。

 

そんなケースでは、かなりの力技ではありますが、こうした“手”もあるようです。

 

ある都内在住のA子さんについての話です。今年で35歳になる彼女は一般企業に勤めるOLさんです。その彼女には5年間付き合うフリーターの彼がいるのですが、一向に「結婚」についての具体的な行動を取ってくれないのが不満でした。

 

そんなある日のこと、彼女に妊娠が発覚したのです。さすがに妊娠となれば、生活態度も変わり、彼から「結婚しよう」という言葉が当然出てくるのかと思いきや、なんら今までと様子が変わりません。

 

さすがに呆れた彼女は意を決して、事情を母親に相談しました。ちなみに、彼女はその授かった赤ん坊をおろすなんてことは微塵も考えてはいません。そもそも結婚よりも子供を授かりたい願望の方が強く、また、彼の態度には不満だらけですが、一方で、やさしい人柄や男前なところなどには変わらず惹かれているのですから。

 

ですから、彼の子供は嫌だ、というよりはむしろ、嬉しくさえ感じています。でも、その彼と一緒に生活をしていくとなると、いつまで経ってもグダグダしている姿を見て、不安でしょうがないのです。

 

そして、母親の返答はこうでした。「実家に戻ってらっしゃい。そうしたらお父さんも喜ぶし、回りの親戚も歓迎してくれるから。都会でひとりで育てるよりはこっちでみんなに助けてもらった方が間違いなくラクよ。それに、空気は良いし、伸び伸びと育つんじゃないかしら」。

 

 

不安を抱えて生きるぐらいなら、シングルマザーがベスト

この時点でスパッと、彼女は彼と別れて、ひとりで子供を育てていく決心をしたのです。心のどこかにシングルマザーは親に反対されるのではないか、と思っていたところにまさかの快諾ですから肩透かしをされたようなものです。

 

その後の、心を決めた彼女の行動は早かった。そのまま彼に、「赤ちゃんは私がひとりで育てるからさようなら。養育費も貰おうとは思ってないから安心してね」と言い残して、実家に戻っていったのです。

 

さすがに、かなりの力技ではありますが、こうした女性も世の中にはいるということを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 【シングル女性の生きかた】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL