婚活コンシェルジュのサポート全般が成婚を左右する

support

婚活コンシェルジュの必要性について焦点を当ててみます。まず、インターネット型、データマッチング型での婚活者には重要視されないカウンセラーの“婚活コンシェルジュ”ですが、仲人・結婚相談の利用者にとっては、このコンシェルジュの存在が大きく影響してきます。

 

結婚相談所を通じて人生のパートナーを探す会員にしてみれば、どんな人であっても成婚というゴールに向かっての過程において、様々な問題に直面するはずです。初めての対面から始まり、デートを重ねていったタイミング、そして求婚するまでと、あらゆるシチュエーションにおいて実に多くの不安や悩みが生じてくるものです。

 

そしてこの時に、当事者が誰か信頼の置ける第三者に相談することが出来ること。更には、的確なアドバイスを受けることができるのが、どれほど心強いものであるかは、多くの経験者が語るように、計り知れないのです。

 

それこそがカウンセラーである婚活コンシェルジュの役目になってくるのですが、そうした当事者の良きアドバイザーであることはもちろん、時には、先方のカウンセラーとの交渉やスムーズな段取りを組む能力も求められます

 

つまり、婚活コンシェルジュが担当する会員の思いを、的確かつ成就するように上手く先方のカウンセラーに伝える術が必要不可欠なのです。それには、自身の会員のみでなく常に相手側の動向にも目を配り、マメに相手のカウンセラーと連絡を取り合うことで万全のサポート体制を敷いておくことが望まれます。

 

 

結婚相談所は担当者の“情熱”が決め手

こうした婚活コンシェルジュとしてのスタンスは、オプションコースを選択しての付加サービスの類であってはいけません。結婚相談所ならば、どのコースにも当然備わっているものでなければいけないのです。そして、事前のオリエンテーションやアドバイスなどが完璧に行われているかどうか、という点も非常に大切です。

 

今まで異性の人と向かい合って、ゆっくり話す経験が無かった人たちにとっては、いきなり初対面の人と1時間も話さなければいけない状況と言うのは、想像を絶するほどに厳しいものがあります。そしてこれは、異性とそれなりに話してきた人にとっても決して簡単なことではないのです。それを慣れていない人に強いるわけですから、事前準備はあってしかるべきなのです。

 

これを婚活コンシェルジュが疎かにしているようでは、まったく話しになりませんし、その結婚相談所と関わること自体時間の無駄だと断言できます。こうした事前のオリエンテーションなどは必要不可欠な実習事項なのです。

 

またその時に、繰り返しますが、担当者の“情熱”が見て取れなければ本末転倒です。婚活ビジネスという“幸せ”と“出会い”を目的とした特殊なサービスだからこそ、スタッフ全員にも「会員を本気で幸せにしたい!」という強い気概が必要なのです。それが無いような結婚相談所であれば、決して会員になってはいけません。

 

とは言え、婚活サービスの業者選びは、口コミなどをチェックした後に、最終的にはもう“肌感覚”や“雰囲気”で感じとるほかないでしょう。でも、結局そこが一番大切で、“合う合わない”は、自分の感覚を信じるべきなのです。

 

 

 【婚活・結婚コンシェルジュ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL