相手に応じて言葉遣いを変えられる女性は評価が高い

hyoukagatakai

男性の評価が高い女性は、言葉遣いがしっかりしているものです。また、いくら仲が良くても、最低限のマナーは必ず押さえています。そうした女性と話している男性を見れば明らかですが、非常に気持ち良く、楽しく会話をしているのが分かります。

 

基本中のキホンですが、挨拶が出来るかどうかというのは大きなポイントです。「おはようございます」「お先に失礼します」「お疲れ様です」といった当たり前のことが言えないようでは何も始まりません。しかし、これは決して他人事ではなく、アナタの周りを見渡してみれば分かるように、必ず1人や2人は出来ていない人はいるものです。そう、挨拶が出来ない大人は驚くほどに多いのです。

 

更に付け加えると、女性にとっては『笑顔があるかどうか』も肝心です。表情に笑みがあるかどうかで、男性が受ける印象は180度変わります。言い方は悪いですが、さほど顔が綺麗でなくとも、笑顔がある女性というのはそれだけで十分魅力的なのです。

 

『挨拶』に『笑顔』が付いてくれば、もう何も言うことはありません。パーフェクトです。とは言え、これは簡単なようで、なかなか難しいものです。おそらく大多数が両立出来ていないのではないでしょうか。

 

そして、これはもう練習あるのみ。最初の『恥ずかしい』、という感覚を完全に払拭することから始めてみましょう。それに慣れてしまえばこっちのものです。後は毎日、実践すれば良いだけです。半年も経てば、周りの男性からの評価がそれまでとは全く違うものになっているのを保証します。

 

 

正しい言葉遣いで評価や環境が変わる

さて、挨拶の次は言葉遣いでしたね。結婚前の女性は働いている人が多いでしょうから、ここでは便宜上、会社での言葉遣いを追ってみます。

 

上司に対してしっかりとした言葉遣いが出来ている人はどれぐらいいるものでしょうか。実はこれに関しては、ほとんどの女性が高得点をマークしています。年齢にして20代後半以降の女性陣はほぼ問題ありませんが、20代中盤以前の女性は要注意。社会人経験が浅いので無理はないのですが、やはり言葉遣いが未熟な傾向があります。

 

上司に対して正しい言葉遣いが出来ていないと、どうしても厳しく当たられてしまうものです。上司も人の子ですからそれは無理もありません。逆に、若いのにちゃんとした受け答えが出来ればもうそれだけで評価は上がるものです。それどころか、普段から何かと気にかけてもらえ、仕事場での働きやすさが増すかもしれないのです。

 

言葉遣い次第でこうした意図しない恩恵も享受できるのですから、『正しい日本語』は徹底的に学んでおくことが望ましいでしょう。目上の人に対して失礼のない話し方をするだけで、アナタの評価も働きやすさもグンと上がります。そしてこれは、媚を売るといった類の話では決してありません。当たり前のことを当たり前のようにするというだけの話なのです。ココをしっかりとマスターしておけば、快適な職場環境を末永く確保できるはずです。

 

言葉遣いの向上と改善は、練習あるのみです。最もいけないのは、学生気分の延長のまま、上司に対して友人と話すような感覚で喋ること。これは最悪です。自分では気付いていないでしょうが、上司にしてみれば、外人と話している感覚ほどに違和感を覚えることもあるのです。年代と生活環境が違うと、全く会話や話し方も変わってきますので、この辺はシビアに捉え、細心の注意を払うことです。

 

そして、メールなどの文字が残るものも慎重に対応しなければいけません。年代が若いほどに、文章を短くしようとする習性が見られますが、これはNG。特に、固有名詞を短縮して呼ぶのが当たり前の風潮がありますが、これをそのまま年代の違う人に伝えてもまったく意味が通じないはずです。本来あるものを無理矢理短くしたり、端的に表現するのは、若い世代の間でのみしか通用しないルールですので、ここに関しても配慮が必要です。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL