シニア世代の再婚には事前に遺言書を用意する

testament

国内全体の再婚率を見ると平行線、もしくは、どちらかというと減少傾向にあります。しかし、50歳以降のシニア世代は別です。高齢になるほどに年々再婚率が上がっているのです。

 

これから老後をひとり寂しく過ごすのではなく、パートナーを見付けるというこの状況は大変好ましいものではありますが、再婚にあたっては中高年ならではの問題が発生します。ですので、その辺をクリアにしておく必要があるわけです。

 

何よりも大きいのは、なかなか家族の同意が得られないというケースでしょう。もちろん、再婚を心から祝福してくれる人も多くいますが、反対派も存在します。特に、子供が賛成してくれない場合が多く、ある程度人間形成が出来た彼ら彼女らは、最初から再婚相手を色眼鏡で見る傾向があるのです。

 

ですから、そこは再婚する人(後妻)自身の器量の見せどころで、いかに子供と仲良くなって安心させる事が出来るかがポイントになってきます。成人になった子供ならまだしも、思春期の世代であれば尚更です。このように、若い世代の再婚とは違い、中高年ならではのナイーブな問題もあるので、その辺は慎重に対応する必要があるのです。

 

 

余計なことで不信感を抱かせない

そして成人、もしくは分別のつく子供がいる相手男性と再婚する際は別件での配慮が必要です。このときは、事前に相続問題をクリアにしておいて、相手の子供に不信感を与えないこと。「幸せになりたい一心」で再婚しようとしているにも関わらず、あらぬことか、「財産目当てで結婚した」なんて思われたのでは泣くに泣けません。その後の人間関係がおかしなことにならないように、身の潔白をアピールしておくのもシニア世代の再婚では重要なのです。

 

最も良い方法は、再婚するタイミングで遺言書を記載しておくこと。書面で正式に残しておけば、いざという時にもめることはありません。でも中には、「これから幸せな生活を送ろうとしているのに、今そんなことする必要ないのでは」という人も見受けられます。が、これが大きな間違いで、逆に、幸せな暮らしを末長くするためには必要不可欠なのです。

 

例えば、

「持ち家は夫の死後は子供に相続させるが、後妻が健在なうちは家に住み続けるものとする」

「再婚後の財産についてはほぼ妻が相続するが、再婚前の財産については子供にすべて渡す」

など、詳細に明記しておくことで、余計な不安はなくなります。もちろん高齢者だからこそ「遺言」という現実と対峙したくない人もいますが、それはその後の相手の幸せを考えるならば必ず残しておくべき事象なのです。シニア世代の再婚には、ならではのルールがあることをお忘れなく

 

 

  【婚活の種類】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL