相手との結婚への温度感を確認する

相手の温度感

お見合いから結婚へと発展するには、お互いの温度感が一緒でないといけません。どちらかの意欲が相手よりも低ければ、それは予想だにしなかった場所で問題となるケースがあるものです。

 

これはお見合いに限った話ではなく、社内恋愛などから発展する場合も同じことです。ところが、ここで注意したいのは、お互い好意を寄せているのは紛れもない事実ですし、このままスムーズにいけばゴールは見えていたとしても、“決して焦ってはいけない”ということ。

 

しかし、相手の“熱”に圧倒されるあまり、こちらの気持ちがまだ固まっていないにも関わらずOKを出してしまうことがあるものなのです。そして、ポイントはココなのです。認識すべきは、恋愛と結婚は別物だということです。「好き」という感情のみでは、これから先何年も、何十年も共に人生を歩んでいくことを決定付けるための要素としては足りないのです。

 

では、何が足りないのか? まず、「大」好きでないといけませんし、相手が将来を見据えた価値観をしっかり持っているかも重要になってきます。今さえ良ければそれで良いなんていうのは愚の骨頂。例え人柄が良くても一緒になったときの苦労は目に見えてますね。

 

 

熱意に負ける前に自分の気持ちは固まっている

自分のなかで本当に納得した上でなければ結婚というものに踏み切ってはいけません。女性であれば、相手の男性の熱意や勢いに負けてOKを出す人も確かに多いものです。しかし、これは女性にとって、なし崩し的に根負けした結果などではありません。自分では結論を出し、納得もしているんだけど、「結婚」というものが自分のなかで大きくなり過ぎてしまい、それを決めるのがひとりでは恐くなってしまった時の後押しなのです。

 

これは良くある話しですが、実はこうなると、もう自分ではどうすることも出来ないものです。しかし、そこを最後のひと押しで、相手が手を差し伸べてくれることで結婚に踏み切れるというのが実際のところなのです。ですから、「相手の熱意に負けちゃって」、なんていう話をそのまま鵜呑みにしてはいけません。皆、すでに自分の気持ちは固まった上で最後の“押し”で許諾していますから、そこを理解しておかないと、「相手の熱意に負けたら結婚しても良い」と誤った解釈をしてしまいます。

 

結婚にはお互いの温度感が一緒であることは必須条件。もし、ここで相手を愛する温度に差が生じるときは、それは思いのほか根が深い場合が大半です。なぜなら、それにはお互いの価値観やフィーリングといった、いわば「相性」が多分に影響しているからです。そのため、この「相手を愛する気持ち」が共有できているかどうかは、慎重すぎるほどに確認すべきでしょう。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL