ネクタイは無地なものを選べば間違いナシ

tie

男の身だしなみのひとつにネクタイがあります。私服のときならいざ知らず、正装でのシチュエーションの時にはネクタイの柄でその人のセンスが分かるものです。

 

では、いったいどういうネクタイを選べば間違いがないのか。多くの人が頭を悩ませていることだと思いますが、星の数ほどの柄が存在するなかで、最もベストな選択は「無地」なものをチョイスすることでしょう。

 

しかし一般的に、男性にしても女性にしても、無地なネクタイを敬遠する傾向があります。個人の趣味嗜好の問題はもちろんですが、「オシャレを楽しむ」ことを放棄したと思われるのが嫌なのか、あるいは「無地=ダサイ」という固定観念があるのか分かりませんが、とにかくあまり人気がありません。

 

でも言っておきますが、人気がないにも関わらず、これほど格好良く、また簡単に選べるものはないのです。ファッション界にその名を連ねるスタイリストたちが、無地のシンプルなネクタイを好んで選んでいることからもその信憑性の高さが分かって頂けるのではないでしょうか。

 

もちろんプロたちはその中でも素材感や、微妙な色彩などを吟味するわけですが、一般的な人たちは「色味」に配慮する程度でなんら問題はありません。いきなりピンクやイエローなどの派手なネクタイを手にする人はいないでしょうから、後は、自分のスーツとの相性を考えて好きな色を見付けてみるのです。

 

 

スーツと同系色の物を選べば失敗はない

「あなたのスーツにネクタイの色が合うかどうか」。考えるのはこれだけで、柄を考える必要はありませんので、ネクタイのチョイスは飛躍的に簡単になるはずです。また、「色味が合う合わない」の判断に関しては、ファッションにさほど興味がない人であっても関係ありません。これは感覚の問題ですから、ダークスーツにド派手なネクタイを合わすような特異な感性の持ち主でなければ失敗することはないはずです。

 

ダークスーツには同じように濃い目のブラウンや、ネイビーのネクタイを合わせれば、かなり映えるものです。おそらく多くの人は“無地のネクタイ”と聞いて、会社やアルバイトの制服を想像してしまうがために、最初は少なからず抵抗があるのだと思います。でも、スーツと同系色や、同じカラートーンのネクタイを合わせれば、それが意外なほどフィットしていることに気付くことだと思います。

 

そろそろ、「ネクタイは柄物でなければオシャレではない」ということを盲目的に信じるのは止めましょう。むしろ、先にも言いましたが、真のオシャレなコーディネートは無地のネクタイに軍配が上がる場合もあるのです。

 

オシャレとは疎遠な生活を送ってきた人は特にですが、肝心なのは、「無地で、スーツと同系色」のネクタイを選ぶことです。シンプル・イズ・ベスト。本当にオシャレな人というのは、ネクタイばかりでなく、Tシャツからすべての衣服を含めて、柄物をあまり身につけないものだということを知っておきましょう。

 

 

 【婚活のマナー】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL