お見合い段階でのHは避けたほうが賢明

Hは避ける

お見合いを重ねていくと、おのずとぶつかるひとつの壁があります。それは、「相手とHして良いのかどうか」ということ。まだ結婚すると決めた訳ではないのに、そうした場面に陥ることは男女の間柄ですから当然起こり得ます。この時、果たしてそのまま衝動に身を任せて良いものなのでしょうか。

 

端的に答えるのであれば、深い関係にならない、つまりHしない方が賢明だと言えます。例えば、Hした後に別れることになった場合、お互いの心のどこかには割り切ろうとはしてもシコリのようなものが残るもの。であれば、最初からそうした行為に及ばない方がもしもの時でも後腐れなく、また交際を続けていく上でも自然体でいられるはずです。

 

とは言え、そもそもお見合いというのは根本的には恋愛ですから、誰かに言われて深い関係になる/ならないを決めるというのもおかしな話です。極論、双方の合意の上でのことであれば、なんら問題はないわけですね。注意すべき点として、そうした関係に陥らない方が今まで通りに、変にギクシャクすることなく良好な関係がキープ出来るということです。

 

また、この時気を付けたいのは、ごくごく一握りではありますが、Hが目当ての人が存在するという事実です。もちろん、お見合いサービスに登録しているぐらいですから結婚前提での交際を考えているとは思いますが、何よりも「深い関係ありき」でパートナー探しをしている。……残念ながらそんな人がいるということを、この先も、しっかりと頭に入れておいて下さい。

 

 

唯一のマナー違反は不誠実であること

そしてこの件について、各お見合いサービスの見解を見ていくと、どこも「当事者に任せている」という反応です。確かに、お見合いサービスというのは出会いの場や、交際していく上での相談やアドバイスなどはしますが、ふたりの深い仲にまではタッチしません。というよりも、成人した男女の関係にまで介入することなど誰も出来ないわけですね。

 

結論から言えば、お見合いの段階で、やがて別れたとしても、肉体関係に陥ることはマナー違反ではありません。唯一のマナー違反を挙げるのであれば、相手に対して不誠実であることぐらいでしょう。

 

しかし、そうした関係になるのであれば結婚してからでも良いでしょうし、逆に結婚する気がないのであれば当然その必要はありません。

 

よく、「体の相性」といった表現がされることもありますが、それを事前にお互い確認するためにそうした行為に及ぶことなどあってはいけません。愛情があれば、「体の相性」などというものはどうにでもなるということを覚えておいて下さい。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL