同性の嫉妬や中傷を気にする必要はない

嫉妬や中傷

婚活期の女性が直面する問題として、嫉妬や中傷といったものがあります。これは、他人が持ち合わせていないアナタの優れた点に対して、どうすることも出来ないもどかしさから敵意に転化されて起こるもの。でも、そんなことはいちいち気にする必要はないというのが、おおかたの見方です。

 

そう、程度の低い女性の嫉妬などに構っている暇などはありません。嫉妬や中傷といったものは、端的に言えば負け犬の遠吠えです。レベルの圧倒的に低い女性がする愚かな行為なのです。まずはそこをしっかり押さえておかなければ自分もおかしくなってしまいかねませんので要注意。繰り返します。アナタとは住む世界の違う低次元の女性がする言動に耳を貸す必要などは無いということ。

 

女性というのは、自分よりも美しい容姿であったり雰囲気をまとった相手に反感を持ちやすい傾向があります。例え最初はそんなことはないにしても、ふとしたことがキッカケで一気に敵意をあらわにするなんてことはザラなのです。それは、それまでどんなに仲が良かったとしてもです。このように誰もが直面する可能性をはらんだ問題であるからこそ、その都度気に留めることなんて無いのです。

 

容姿や雰囲気が秀でた女性への嫉妬や中傷の他には、やはり男性受けが良い女性に対しても同様のことが起こります。単純といえばその通りなのですが、そうした女性は自分ではなく他人が男性にちやほやされる姿を見るのは耐え難いのです。自分が一番でないと気が済まないわけです。

 

でもそこで、男性に好かれる女性陣は間違っても卑屈にならず胸を張るべきです。誰が見てもアナタは人生の勝ち組に他ならないからです。多くの男性に好かれる女性というのは、必ずそれなりの理由があります。一緒にいて気持ちが良いからこそ相手は寄って来るのです。そんな女性は、嫉妬や中傷に時間を使う低レベルな女性と比べて圧倒的に魅力的で、存在価値があるのです。

 

 

自分自身に誇りを持つこと

ある芸能人の話ですが、有名になるにつれてネットで騒がれるようになり、あまり知られたくない過去なども暴露されるようになったと言います。もちろん最初はそれが嫌で嫌でたまらなかったですし、実家や本名、交友関係などもばれてしまい非常に困りました。それらは彼女に付きまとう人たちによる活動で、当初はそんな状況に参ってしまい、精神的にもやられていたそうです。

 

しかしあるとき、そうした活動をする女性たちは自分に嫉妬しているのだということが分かると、そこから一気に気が楽になったのです。そう、羨ましいあまりに影でコソコソするしかない哀れな人間だということが理解出来たからです。

 

このように、嫉妬に関しては一切構うことはありません。逆にそんなことをする相手と比べて自分は遥かに優れているんだという自覚を持つべきです。自分のことをひけらかすような態度は頂けませんが、自身に対して誇りを持つことは必要です。その誇りが、アナタらしさをより強力にサポートしてくれますし、ちょっとやそっとでは挫けない心を育んでくれるのです。

 

何度も繰り返して恐縮ですが、アナタがもし誰かから嫉妬の類を受けたら、相手にしないで完全無視でいってください。そのことに対して腹を立てたり、口論することなどあってはなりません。なぜなら、そうすることでアナタも相手と同じレベルに成り下がってしまうからです。自ら低次元な世界に行くことはありません。そんな相手女性とアナタとの接点など無いのですから、完全に無視の姿勢を貫いてください。

 

しかし、もし相手の嫉妬や中傷に行き過ぎている感を覚えたら、すぐに誰かに相談したり、いざという時のために自己防衛出来るようにしておくことも忘れてはいけません。犯罪が起こる可能性があるからです。そうした人種は何かの拍子にプツッと糸が切れて思いもよらない行動に出ることが多々あります。ですので、ちょっとでも違和感を感じたり、あるいは、危険を察したら、迷わず近辺の友人知人、親に相談する癖をつけましょう。

 

この手のケースでは自分ひとりで解決しようとする人ほどに悪い結果が待っているものです。そして、「そんなの大丈夫だよ」と、軽く考えている人にはそれ以上相談する必要はありません。ことの重大さが理解できていないからです。親身になって相談にのり、時には解決してくれるような人を頼るようにしましょう

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL