プロポーズできない男性の増加

unable propose

現代男性に見られる傾向としては、積極的ではなく消極的。具体的には、「自分に自身がない」「自分が傷付くことを必要以上に恐れている」などがあります。また、先ほど紹介した、「日々の仕事が忙しい」といった、様々な要因が絡むことで交際中の相手に婚約を申し込まないケースが増えているのです。当たり前の話しですが、婚約を申し込まないのに結婚出来るはずはありません。しかし、こうした現象は年々増加しています。

 

福岡県にある、老舗の結婚相談所の仲人さんが、そうした現代男性の動向について興味深い話をしてくれました。

 

「うちで紹介して1年以上の交際を経て婚約したカップルがいるんですけど、男性の方に転勤が決まった後すぐに破局してしまったんです。理由を聞けば、婚約しているにも関わらず相手の女性に『一緒についてきて欲しい』という意思表示を全くしなかったからだそうなんです。確かにそれじゃあ女性は不安でしょうがないですよね」

 

これは最近の出来事だと言いますが、実はこうした男性の明確な意思表示がないために、それまで順調に交際していたカップルが破局するケースは多いと話します。

 

 

女性は男性の都合に合わせてくれない

では、なぜ、男性は「一緒について来て欲しい」、あるいは、「結婚しよう」といったごく当たり前のプロポーズが出来ないのでしょうか。それには下記3つの原因が考えられますので、それぞれチェックしていきます。

 

1.傷付くのが恐い

相手に誠心誠意込めてお願いしたにも関わらず、「ひょっとして断られたらどうしよう」と不安の方が強くなってしまい言葉に出せないケースです。これは既に婚約を約束したカップルまでにも見られることですので事態はかなり深刻です。また裏を返せば、それほど自分という存在が可愛いとも言えるでしょう。

 

2.結婚そのものがおっくうに感じる

わざわざ結婚しないでも今の状態に満足しているために、現状に甘んじてしまっているケースです。「結婚するといろいろと大変なんだろうなぁ」という頭があるために、社会的に何の責任も背負わずに気軽に生活できる今の状況を壊したくないと考えてしまっているのです。

 

3.何ものにも縛られたくない

【2】と似た部分もありますが、数年の交際を続けているうちに結婚に対する意識が薄くなってしまうケースです。あるいは、現状で満足しているために「わざわざ面倒な手続きを踏む結婚という形を取らないでもいい」と考えてしまうのです。そしてそこには、結婚という正式な手続きを行わなければ、まだ自分は自由でいられるという認識も存在しています。

 

このように理由は主に3つ考えられますが、男性の都合に女性が合わせてくれることはありません。女性は出産という問題を抱えていますので、時間に対する認識は男性の何倍もシビアなのです。

 

ですから、男性の意思表示が不明瞭であったり、今後結婚する見込みがないと判断すれば即座に別れるのは当然のこと。男性側としては、破局してから事の重大さに気付くのでは遅すぎますから、その辺の配慮は常に持っておくべきです。

 

 

 【30代独身男性の結婚観】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL