“体”と“お金”に関する嘘は決してつかないこと

嘘はつかない

女性が男性に対して決してしてはいけないことが、嘘をつくこと。しかし、『嘘も方言』という言葉があるように、場合によっては愛嬌があって可愛らしく捉えられることもあります。問題なのは、深刻な嘘を平気でつくことなのです。

 

いわゆる、『ついてはいけない嘘』というのがあります。それが一体どういう内容のものなのかは、もう皆さん立派な大人の女性ですから、「分からない」はずがありません。

 

20歳も過ぎて何年も何十年も生活していれば、他人には言えない秘め事があっても何ら不思議では無いのです。しかし、その部分をふと衝かれた時に、本当のことを言わず嘘をついてしまうのが最も良くありません。この行動は大げさに言えば、“人の性”とでも呼ぶべきものですが、そうした嘘はいずればれるものですし、また、嘘をついた時点で相手との信頼関係は希薄になってしまうのです。

 

それこそ嘘の良し悪しは数え切れないほどあります。でもそれが許されるものかどうかは本人が一番よく理解しています。例えば、女性の場合は体に関する嘘をつけば、将来的にそれがすべからく致命傷になってくるのです。

 

どうしても自分の素顔が好きになれず、遂に美容整形を施したとします。そしてその後、交際を始めた男性と仲良くなってもその事実をずっとだまっていました。でもある日、彼から「昔の写真を見せてよ。どういう学生時代を過ごしていたのか興味があるんだ」と、言われた時です。

 

その女性はどんなことがあっても過去のアルバムなどの存在を否定するはずです。「ああ、全部捨てちゃったの」「あんまり可愛くないから絶対に嫌」など、様々な理由をつけて断ることでしょう。でも、いくら拒んだとしても、結局そういう整形したという事実はバレてしまうものです。そして、そのバレた時が大変で、整形したことなんかよりも、今まで嘘をついていたことが問題となるのです。

 

 

嘘をつくほどに信頼関係は崩れる

こうした話は特別珍しいことでもなく、実はよくある話です。だからこそ、女性の皆さんは下手な嘘をそのままつき通すのではなく、初期の段階であっさりと告白してしまうことが大切なのです。今の時代、整形していたからといってそれに対して本気で怒り出すような男性は少数派です。それに、もし、そんなことで関係がギクシャクするようなら迷わずその場で別れてしまった方がお互いのためにもなります。

 

美容整形を始め、体に関する嘘は罪が大きいですが、お金に関するものも同様です。身につけている物や普段のお金の使い方など、羽振りが良いのを回りに指摘されて、「親が私のために貯金してくれていたのを使っているの」と、見え透いた嘘をついたとします。実際は、会社とは別に夜のバイトで稼いだお金で、それは当然会社も認めていませんし、ましてや彼氏が許容するはずもありません。

 

そのため、どんなことがあってもその事実は黙っているのです。でも、それがいずれバレるにしてもバレないにしても、黙っていること自体、「私はアナタよりもお金の方が大切なの」と言っているようなものなのです。くれぐれもそこを履き違えないようにすることです。極論、そうした女性は潜在的に、「お金のためであればどんな嘘もつく」というスタンスだということ。

 

その手の女性は真の意味で『幸せ』を手に入れることなどは到底出来ません。お金を手にすることで、他人と比べてある程度の“生きやすさ”を叶えられるかもしれませんが、そんな女性のいったいどこに魅力があるでしょうか。そんな人間よりも、お金はなくとも嘘をつかずに誠意のある女性の方がよっぽど魅力的です。

 

先の美容整形や夜のバイトの話を例に挙げましたが、本来言わなければいけないことをずっと黙っているのは信頼関係を瞬く間に壊してしまいますから、そうした状況にある人は傷が深くなる前にオープンにしておくことを肝に銘じておきましょう。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL