美しい女性でも独身男性には平等にチャンスがある

utsukusii

美しく、高嶺の花に映る女性ほど交際するのが難しいというわけではありません。多くの人が間違えやすいのですが、時にはそうしたハイレベルな人ほど気さくで、あっさりと交際OKが出たりするものなのです。

 

ですから、その価値観のままでいると、これからお話するような決して美しくはない女性から足げにされるとそのギャップに面食らってしまうのです。

 

今年46歳になる公務員の男性は、これまで10人弱と交際したものの、全く女性運がなかったと言います。自分が良いなぁ、と思い付き合った相手は、仲が深まるほどにことごとく難癖のあることが判明。結果的に女性不審に陥ったことすらあったとこぼします。

 

その彼が先日久し振りに婚活パーティーに参加して、ある女性と知り合いました。決して美しくはなく、それどころかどちらかというと不細工な部類に入る女性ではありましたが、話しやすかった為に連絡先を交換。その夜にすかさずメールを送ってみました。現場での彼女の雰囲気からすぐに返信が返ってくるかと思いきや、数時間経っても音沙汰なく、なんと結果的にそのままフェードアウトされてしまったのです。

 

彼はショックを隠せずにいました。言い方は悪いのですが、まさかこの程度の女性にこんな扱いを受けるとは予想だにしていなかったので、その落ち込みぶりも相当なものだったのです。

 

しかし、言うまでもなく、人の好みなどは十人十色。不細工な女性であっても好みでなければ相手にされませんし、逆に、誰もが羨むような美人であっても好みであれば交際することも夢ではないということ。言ってしまえば、だからこそ恋愛というのは面白く、夢のあるものなのです。

 

 

高嶺の花と感じる女性でも果敢にアタックすること

こんなケースもあります。ある男性はお世辞にも顔立ちが整っているとは言えず、婚活スペックも特別高いわけではありませんでしたが、結果的に傍から見ればまったく釣り合いの取れない美人と婚約しました。そしてそれは稀なケースではなく、実はよくある話しなのです。アナタの回りを見渡しても、「なんであの人にこんな美しい女性が?」と感じる場面に出くわしたことがあるのではないでしょうか。

 

容姿や婚活スペックが高ければ高いほど有利なのは疑いの余地はありません。しかし、だからと言ってそうした有利な人のみが美しく、気立ての良い女性と一緒になれるかといえばそうではないのです。人の好みは十人十色。あなたを気に入るかどうかは、もう出たとこ勝負でしかありません。そして、だからこそ、恋愛は楽しく、予断を許さないのです。

 

話を戻しましょう。一般的に見て不細工でスペックが低い女性だからといって簡単に交際が出来る(落ちる)と考えるのは大間違いです。また、そこで「あの程度の女性にも相手にされないのか」と、必要以上に落ち込むのもナンセンス。それは、先に話した“人の好み”の本質を理解していないために感じてしまうのです。

 

女性のレベルに応じて交際出来る確率が決まるのではなく、すべては横一線です。つまり、チャンスはどの男性にも均等にあるわけです。そこを見誤ってはいけません。

 

とは言え、美しく、性格も良い女性を男性陣は決して放っておくことはないでしょう。秀でた女性の競争率が上がるのは自然の摂理です。ですから、そこをいかにして勝ち抜いていくかは、個人の力量に掛かっているのです。平等な世界だからこそ、くれぐれもリングに立つ前に、負けを認めてはいけないのです。

 

 

 【40代独身男性の婚活】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL