デートでおごられて当たり前ではなく、割り勘の精神を持つ

割り勘

男性と食事に行った際に、皆さん支払いはどうしているでしょうか。心のどこかに、おごられて当たり前などという野卑な考えはないでしょうか。基本的に女性のスタンスとしては、割り勘の心構えを持つこと。その上で、相手がおごってくれるならばその言葉に甘える、という流れが自然ですし、好感が持たれるものです。

 

自分と同年代、あるいは年上の男性であれば、ほとんどの場合収入は上のはずです。確かに、そこで月給20万円弱の女性たちが、男性にご馳走になるのを期待してしまうのは致し方ないことかもしれません。が、そこを敢えて毅然と、先の割り勘の精神を持っておくことでアナタは他の女性陣とは明らかに差別化が計れるのです。ひいては、より魅力的に映るというわけです。

 

男性は自分から誘った相手に、「割り勘にしてくれ」とは言わないものですし、また、もしそう言う男性であれば、サクッと交際を止めるのがベターです。どれほど容姿やスペックが高くても、そんなケチくさいことを平気で言う男との未来は前途多難、何よりも器量が小さすぎるので一緒にいても頼り甲斐がなく、そして、まったく楽しくないことでしょう。

 

しかし、ここで注意したいのは、「割り勘にしてくれ」と言われなかったからといって、おごられて当然という姿勢ではいけないということ。自分もお金を出す意思は常に持っておくのです。

 

逆に、女性の方から食事に誘ったとします。この時に、さすがに男性におごる必要はまったくありませんが、例え女性であろうと誘っておいておごられるのはいただけません。割り勘がマナーですし、ここで相手の言葉に甘えておごられてしまうようでは、裏ではアナタの評価はガタ落ち。それ以上の進展は望めないかもしれないのです。

 

こうしたデートの場においては、男女関係なく、いずれもお金を出すことで気持ちの良い雰囲気や空気が生まれるのです。しかし、自分よりもひと回り近い年上の人や、明らかにお金を持っている様子の人から食事に誘われた場合は、素直におごられるのが好感を持たれるコツです。

 

もしもここで、「自分も半分出します」と、なかなか食い下がらなければ逆効果。ある程度の財力がある男性は、見栄を張りたいのと、おごることにプライドを感じている場合があるので従っておくのがベストなのです。

 

 

会計時にはジェスチャーではなく必ず財布を出す

ところが、まだ油断は出来ません。それは、実は、自分がおごると言っておいて、果たして相手女性はどういうリアクションを取るのかというのを観察している嫌な男もいるからです。それによって性格の本質の部分をチェックしているわけです。

 

おごられて当たり前という態度を取るのか、それとも、自分もお金を出そうとしているのか。この辺の女性の言動を、先の嫌な性格を持つ男性陣は瞬時に見抜くものです。「ああ、この女性は本気で払おうとしている」「払いたくないんだけど一応ジェスチャーだけ取っている感じだな」、といった具合にです。

 

基本的に女性は、おごられるのではなく、「割り勘が当たり前」というスタンスを崩さないことです。その上で、相手の態度に応じて柔軟に対応していくのです。それにはまず、会計時に自分の財布をすぐ出すのです。ポイントは、出す“ふり”ではなく、バッグから完全に出すことです。

 

そこまでした上で、相手男性の出方に応じて対応します。本当におごるから大丈夫だと言う男性に対しては、せめて消費税の小銭分ぐらいは瞬時に出せるようにしましょう。ちなみにこれが意外と馬鹿に出来ず、「なんて気の利く女性なんだ」と、かなり効果を発揮するのです。

 

男性から誘われた時におごられるケースは多いものです。そして、自分から誘った時でも逆におごられてしまうことだってあります。ですので、そこはもう臨機応変に対応するほかありません。言うまでもなく、自分では良かれと思い、意固地になって「割り勘」を譲らないなんていうのは愚の骨頂。

 

そして、もうひとつ押さえておいて欲しいのは、たまには自分がおごるという意表をついた行動です。「いつもご馳走してもらっているから今日は私が出しますね」と、颯爽と会計を済ますのです。そんな女性には世の男性はイチコロ。「おんぶにだっこではなく、本気で自分と向き合ってくれている」というのが分かり、今まで以上にアナタの魅力は増すことになるのです。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL