理想を追い求め、年下女性を好む未婚男

young lady

恋愛や結婚に対して理想を追い求める人は多いもの。これは30代未婚男性に顕著に見られる現象で、“現実”を直視できない人が年々増加傾向にあるのです。

 

つまり、理想ばかりを描いてしまうために、おのずと結婚も遠ざかってしまうのです。言うまでもなく、理想の結婚を実現できる人というのは少数です。ほとんどの人は言い方は悪いですが、ある程度の妥協線を自分自身で決めて、それをクリアした人と一緒になっています。

 

しかし、誤解して欲しくないのが、妥協したからといってその結婚の“幸せ”も無くなるわけではないということ。理想というのはあくまでも年収600万円以上だとか、将来的にも専業主婦が約束されているといった条件面のことで、“愛の無い結婚”とはまったく意味が違います。ですからひと口に妥協と言っても、その辺のニュアンスは間違えないようにしましょう。

 

さて、実際に30代独身男性を対象にしたアンケートでは下記のような結果が出ています。

【何故まだ結婚しないのか?】

30% 理想の相手が現れないから

30代の3人に1人の男性が理想を追っている現実があります。しかし、見方を変えればまだ理想を追っている余裕があるとも言えますので、やはり結婚年齢の高齢化は進んでいる現実があるのです。では、他の質問内容についてはどうでしょうか。

 

【理想の相手に求める条件は?】

30% 性格、人柄

20% ものの考え方、価値観

15% 容姿

10% 年齢

———–

25% その他

数値化したものを見れば重要視しているポイントが瞬時に分かりますが、ココで問題となるのが“年齢”です。最も厄介な条件でもあるこの年齢に関して、実は男性側は、自分の年齢が上がっても、同じように相手女性に年齢増は求めないという理不尽な結果があります。

 

 

“現実”を直視する姿勢が求められている

インターネット型婚活サイトで、「結婚相手に求める理想年齢」についてアンケートを取ったところ、30代に突入すると同時に年下を好む傾向が現れました。そして、40代になると今度は5歳以上年下の女性を希望するということが明らかになったのです。

 

昔から男性は若い女性を好む傾向がありますが、それにしても、いい歳した中年男の趣向を目の当たりにすると、若干恥ずかしくなってしまう結果だと言わざるを得ません。もちろん、「自分は同い年や年上がタイプ」という意見もあるでしょうが、全体感としては年下女性に人気が集中している実情があるのです。

 

現在、5歳前後の年の差婚はさほどおかしなものではありませんが、その前に勘違いして欲しくないのが、テレビなどで10歳も20歳も離れたカップルが夫婦として登場していますが、あれは極々稀なケースだということ。

 

一旦冷静になって、女性の立場で考えて欲しいのですが、誰も好き好んで20代の女性が40代の男性と一緒になりたいなんて思わないものです。同年代の美男子と一緒になった方がどれほど幸せなことか。

 

理想を追い求め、夢を見るのは個人の勝手ですけど、ある程度の“現実”を直視する姿勢が30代の独身男性には求められているのです。

 

 

 【30代独身男性の結婚観】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL