レストランで外に待つ人がいれば早く席を譲る精神を持つ

席を譲る精神

女性の皆さんにして欲しいこと。それは、レストランなどで待っている人がいたら極力長居しないようにすることです。

 

男性側からしてみれば、デートなどで女性に長居しないよう促してもらうことは非常に助かるのです。なぜなら、男というのは「どのタイミングで席を立とう」と相手に提案して良いものか分からないからです。

 

例えば、店内一杯のレストランで食事をしたとします。もちろん店の入口には何組も待っている人たちがいるわけですが、そこで食事を終えたときです。最後のひと口を食べ終えて、女性が口元を拭った後に、どれぐらいの間を置いて、「では、そろそろ出ましょうか」と言うべきか女性と交際経験の無い男性は甚だ分からないのです。

 

1分なのか10分後なのか、あるいは30分後なのかと、考えているうちにただ時間だけが過ぎていきます。ですので、ここは女性の方から是非、「待っている人もいるみたいだから出ましょう」と切り出して欲しいのです。そう、男性をうまくサポートして欲しいのです。

 

男性にしてみれば、この台詞は鶴の一声的なものでかなり助かります。また、世のほとんどの女性はここまで気が回る人はいませんので男性は一気に魅了されてしまうのです。そうした女性の性格的な面に男性はトリコになってしまうのです。ですので、女性陣は是非この満員の席での対処の仕方を覚えておくべきでしょう。

 

一方、自分は気が回らないのではなく、敢えて、言わないタイプの人もいます。男性同様にタイミングが難しいために、男性に任せるというスタンスをとっているからですね。確かに、レディファーストという言葉があるように、男性は女性をリードしてナンボという側面があります。

 

でも、いつだって男性任せにしたのではいけません。そもそも時には助け合う心がなければ恋愛なんて長続きしないもの。であれば、男性にとって苦手だと分かっている席を立つタイミングぐらい自分から言い出しても良いのではないでしょうか。

 

 

食事の後に喫茶店に入れば問題ない

「早めに出ましょうか」という台詞は、どこかその場の空気を悪くしてしまいそうで言いにくいものです。でも、可能であればそこは女性側から言うべきなのです。「どこか別のところでお茶でもしましょうか」と、サラリと言ってくれることがどれほど男性にとって心強いものでしょうか。

 

男性は本来リードすべき立場ではありますが、恋愛経験の少ない人ほどこうした一連の流れが苦手です。だからこそ、ちょっと手を差し伸べることが思いのほか効果的で、相手の心をしっかり掴むことにもつながるのです。

 

食事を早く済ませて席を立ったところで、次に喫茶店に入れば話はまだまだ続けられます。食事の場だけで終わりではないのです。であれば、何の心配もなく進言できるはずです。男性というのは、慣れないデートの場では目の前のアナタを始め、周囲にも気を遣ったりで結構疲れています。そこをスマートにフォローすれば、自然とアナタの株は上がるのです。

 

そして最後に、レストランや喫茶店などでこれだけは大きな声で話してはいけないというものがあるのでココで挙げておきます。それは、病気の話題と、セックスの話題です。セックスの話題に関しては婚活の席でおもむろにする馬鹿はどこにもいないでしょうから問題ないとしても、病気の話はそこそこ思い当たる節がある人もいることでしょう。でもこれは決してしてはいけないということを覚えておくこと。

 

食事中・食後にそんな話をダラダラしていたらせっかくのおいしい料理も台無し。まったくもって後味が悪くなりますから、そんなことを話すのではなく、別の話題をすることです。何よりも、外で待っている人がいたら一も二もなく、その席をお腹を減らしている次の人に譲る精神を持つようにします。

 

皆さんにあたっては、目の前の男性が魅了されるような女性でいることを望みます。そして、周囲にも柔軟に気を配り、そうしたアナタの対応にお店のスタッフは感謝をし、年上年下に関わらず尊敬される人間であること。そんな人間像を持った女性として婚活を勧めて頂ければと思います。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL