自分自身を好きでなければ結婚できない

zibunngasuki

あなたがスムーズに結婚出来るかどうかを知る指標があります。それは、「自分のことが好きか」、という点です。一見なんてことない質問のようでいて、婚活においては核心に迫る、非常に有効なものなのです。

 

これは多くの婚活サービス、とりわけ仲人型・結婚相談所で用いられているのですが、まず本人に、自分のことが大好きか、好きか、普通、嫌い、大嫌いの5つの中から選択してもらうのです。

 

婚活サービスを利用するほとんどの人、だいたい75%ぐらいは大好きか好き、普通を選びます。そして、この75%の人に関してはほぼ結婚出来るといっても良いのです。なぜなら、自分のことを否定的ではなく肯定的に見ることが出来る人というのは、相手に対しても同じように肯定的に捉えることが出来るからです。

 

問題は、自分のことを嫌い、あるいは大嫌いと否定的に捉えてしまっている残りの25%の人たちです。先に言ってしまうと、この人たちは今のままでは正直結婚することは難しいです。

 

自分のことを否定的に見る人というのは相手に対しても同じように否定的な視点を向けるからです。意識せずともこれはもう、人間の本能的な感覚でそうしてしまうのです。そのため、如何にして自分のネガティブな部分を改善していくかが求められるのです。

 

この、自分を嫌い、大嫌いという人たちには共通した面があります。それは、親に褒められた経験があまりないということ。幼少期から成人に至るまで、ほとんど褒められたことが無いために自分に自信を持てないまま成長してしまったのです。

 

特に、最も一緒にいる時間が長いとされる母親にさほど褒められた経験がない人というのは、自信がないばかりか、どこか卑屈になってしまっている場合すらあります。しかしそれは、誰からも認められずに育ってきたのですから無理もありません。

 

 

褒められて自信をつけることで相手を好きになる

ですので、自分に自信が持てない人たちに対しては、第三者がとにかく失われた過去を取り戻すべく、必要とあればどんどん褒めてあげることです。「何を今さら」、と思うかもしれませんが、これに関しては遅過ぎることはありません。

 

大人になっても、人から褒められるというのは気持ちが良いものです。それは今まで経験がなかった人たちにしてみれば尚更です。褒めるられることが本人の力になり、自信につながるのは明白ですから、婚活業者はその辺を徹底してサポートしてくれるわけです。

 

褒められることで自分に自信がつくと、何よりも自分が好きになっていきます。そして結果的に、相手を好きになれるのです。こうした意識の改革、つまり“結婚体質”へ変えていくことは婚活においては必要不可欠です。他人があなたをタイミングよく褒めてくれるとは限りませんし、むしろ成人になれば褒めてくれる人などそう簡単には現れないのが現状です。ですので、そこはあなた自身が率先して意識を変えていくべきなのです。

 

自分の良いところを考えて、ノートに書き上げていっても良いでしょう。また、自分で考えるだけではなく時には積極的に、友人知人に自分の良い点を聞いてみるのもありです。恥ずかしがってなどいられません。今あなたは人生を左右する婚活を行っているのですから、やれることは全力でこなしていくことです。

 

自分自身を嫌うなんてもってのほか。自分の良い点を見つけて、ことあるごとに自分自身を褒めてあげるのです。そうして自分をどんどん好きになっていかない限り、相手を好きになる。ましてや結婚するなんてことは夢のまた夢。まずは誰よりも自分自身を愛すること。そうすることで初めて、相手へも愛情を注げるようになるのです。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL