自分の出す“音”に無関心な女性は嫌われる

自分の出す音

大人の女性であれば、『音』への配慮が必要です。音に無関心な人は、異性から好感を持たれません。これは婚活をする上で気を付けたいポイントですので細心の注意を払いましょう。

 

はっきり言うと、『音』に無関心な女性は子供と一緒です。つまり、幼稚でわがまま、何の魅力もないのです。具体例を挙げれば、子供は家の中をドタバタと歩いたり走り回ったりして、ドアの開け閉めの際もまったく遠慮がありません。「バタン!」と大きな音を立てますから回りの人を始め、近所にも迷惑がかかるのです。

 

そして、それだけではなく、耳をふさぎたくなるほどの大きな奇声を発したりもします。これは、『音』に対する認識も観念もまだ無いからです。つまり、無知なわけです。

 

しかしこれは子供だから許される話しなのですが、大人になっても音に対する認識が薄いともうお手上げです。さすがに奇声を発する女性はいませんが、ちょっとした音に対しても鈍感で、ドアを無造作にドタンバタンと閉める姿を目の当たりにすれば、男性は幻滅するほかないのです。

 

そして、二十歳を過ぎた女性のそういう姿には恐怖すら覚えるものです。なぜなら、その姿は客観的に見ればヒステリックで、繊細さのない無神経な人物像にしか映らないからです。誰が好きこのんでそんな女性に興味を持つのでしょうか。本気で婚活をしている男性にとっては、そんな得体の知れない女性に構っている時間などはありませんから全く相手にしないはずです。それほど、音に無頓着な女性というのは魅力が無いのです。

 

更に続けましょう。椅子に座るときなどもその人の性格が如実に現れます。大雑把に椅子をギーッ!と音を立てて手前に引く人がたまに見受けられますが、言うまでも無くそんな女性はNG。大人の人間としてのマナーが欠落しているのです。きっと自分にしてみれば何てことはない音かもしれませんが、他人からすれば不快以外の何ものでもないのです。言ってみれば、それは大げさではなく、『騒音』だという認識を持つことです。

 

一般的に、騒音というと両手で耳をふさぎたくなるような大音量のものだというイメージがありますがそんなことはありません。小さな音でもそれが不快であれば十分『騒音』なのです。詳しく言えば、パチンコ屋さんでの玉の出るジャラジャラ音と店内に流れる大ボリュームの音楽。あるいは、サーキットを駆け抜けるレーシングカーの巨大な排気音や、深夜鳴り響く暴走族の爆音といったものがいわゆる騒音の部類としてあるでしょう。

 

 

音を立てず上品に立ち居振る舞う

しかし、決してそれだけではなく、例えば、静かな場所でのちょっとした音も騒音に成りうるのです。極端な話し、映画館や図書館といった静まり返った空間での咳やくしゃみなどもそうです。つまり、その状況に適した音のみが許されて、それ以外は周囲の人々に不快感を与える可能性があるのです。そしてそれが、一般的に「騒音」と呼ばれるのです。

 

大切な箇所ですので繰り返します。状況に適さない音はNG。そして、平気な顔をして『音』を立てる女性というのはヒステリックで大雑把な傾向があるのです。例えそうではないにしても、周りからはそういう目で見られているのです。

 

子供が癇癪を起こしたときのように、椅子をギーッ!と引っ張ったり、ドアを無造作に開け閉めするのは絶対に避けなければなりません。それが癖として習慣化しているのであれば、いち早く修正することです。女性が音を立てる姿ほど醜いものはありません。それはどんなときにおいても当てはまります。自分のアクションで起きる物音は必要最小限に抑えること。ここが最大のポイントです。

 

得てして、自分では知らず知らずのうちに、周囲が不快に感じる音を出していることがあります。そして、よほど身近な存在でなければそれを注意してくれる人もいないはずです。結局、自分で気を付けるほかないのです。

 

ですので、まずは今一度普段の生活で『音』を出してはいないかを確認すること。先に挙げた椅子の押し引きはもちろん、状況に適さない音を出していないかなど、ひとつずつ丁寧にチェックしていきましょう。

 

女性と『音』の関係は非常に大切です。音をいかに立てずに、上品な立ち居振る舞いが出来るか。このポイントをしっかりと抑えておくだけで今後の出会いの幅が広がることは間違いありません。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL